« 2018/01/06 Sat 気分は・・・ / The Meters | トップページ | 2018/01/08 Mon *何章目、何小節目 / Marvin Gaye & Kim Weston »

2018/01/07 Sun *知れば知るほど / Otis Redding

20180107otisblueukmono


知れば。
知るほど。
愛しくなり。
離れられなく。
去り難く。

されど。
知れば。
知るほど。
手が届かないと。
思い知らされもする。

だから。
これ以上はと。
そんな思いを。
抱きもするが。
既に手遅れで。

伸ばした手を。
その指先を。
どうして。
今更。
引っ込められるかと。

虚しく。
空を掴むだけ。
そうだとしても。
伸ばさずには。
求めずにはいられない。

知れば。
知るほど。
相反する。
二律背反。
その狭間で今夜ももがく。

『Otis Blue / Otis Redding Sings Soul』'65年リリース。
ビッグ・オー、オーティス・レディングの3枚目となるアルバム。
オーティスのアルバムの中でも真っ先に聴かれるべき、そんなアルバム。
尤も。オーティスが歌っている。それだけでどのアルバムも価値があるのですが。
それでも。このアルバムに込められたオーティスの歌声には特別なものがあるかなと。
スタックス、アトランティックとしても勝負に出たと思われるところがあって。
オーティス自身による強力な3曲のオリジナル・ナンバー以外のカヴァーの選曲。
その8曲の中にサム・クック、テンプテーションズ、そしてローリング・ストーンズと。
敢えて著名なナンバーをもってきて。オーティスの歌として聴かせてしまおうと言う。
オーティスの歌声、その魅力に対する揺るぎなき信頼を感じることができます。
それに見事に応えて。期待以上、想像以上の歌声を聴かせるオーティスなのです。
「Shake」も「My Girl」も「Satisfaction」も。ものの見事に換骨奪胎されて。
オーティスの歌として、新たな生命を与えられているのがありありと感じられます。
「My Girl」は英国ではオーティスのヴァージョンがヒットして本家より著名であるとか。
「Satisfaction」もあまりのハマり具合にオーティスがオリジナルとのデマがあったとか。
そう思わせてしまう、そう感じさせてしまう。オーティスに心を奪われてしまうのです。
そしてオリジナルである「I've Been Loving You Too Long」の何と絶品であることか。
逆に数多のカヴァーを生んでいますが。ここでのオーティスに敵うものはないかなと。
およそ。ソウル・バラードと呼ばれるものの中の最高峰がここにあるのだと思わされます。
そんなオーティスを支える、ブッカー・T&MGズの演奏の見事さも特筆もので。
恐らくは殆ど一発録りであったと思うのですが。その切れ味、その重み、その匙加減。
ソウルを愛して止まなかった男達の、その思いが音に色気となって表れているのです。
聴けば、聴くほど。知れば、知るほど。魅せられて止まないアルバムであり。そして。
聴けば、聴くほど。知れば、知るほど。その手の届かなさに。慄いてしまうアルバムでもあるのです。

知れば。
知るほど。
愛おしくなり。
退けなくなり。
捨て難く。

されど。
知れば。
知るほど。
及ぶものではないと。
身に沁みもする。

だから。
ここから先はと。
そんな思いを。
憶えもするが。
時、既に遅しで。

叫んだ声を。
その響きを。
どうして。
今更。
掻き消せるかと。

虚しく。
空を漂うだけ。
そうだとしても。
叫ばずには。
求めずにはいられない。

知れば。
知るほど。
相反する。
二律背反。
その狭間で今夜も足掻く。

手が届かないと。
思い知っている。
及ぶものではないと。
身に沁みている。
それなのに。

虚しく。
空を掴むだけだと。
虚しく。
空を漂うだけだと。
それなのに。

これ以上はと。
そんな思いが。
ここから先はと。
そんな思いが。
制御できるものなのかと。

伸ばした手の。
その指先が。
叫んだ声の。
その響きが。
真実を語っているのかと。

既に手遅れで。
時、既に遅しで。
今更。
引っ込められそうもない。
掻き消せそうもない。

愛しさからは。
離れられなく。
去り難く。
退けもできず。
捨て難く。

知れば。
知るほど。
相反する。
二律背反。
その狭間で今夜も揺れている。



web拍手 by FC2

|

« 2018/01/06 Sat 気分は・・・ / The Meters | トップページ | 2018/01/08 Mon *何章目、何小節目 / Marvin Gaye & Kim Weston »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/01/07 Sun *知れば知るほど / Otis Redding:

« 2018/01/06 Sat 気分は・・・ / The Meters | トップページ | 2018/01/08 Mon *何章目、何小節目 / Marvin Gaye & Kim Weston »