« 2018/01/18 Thu *人間なんてさ / Manfred Mann | トップページ | 2018/01/23 Tue *くだらないと呟いて / Jackie Mittoo »

2018/01/22 Mon *それを描くのは / Aswad

20180122newchapter


どんよりと。
ずっしりと。
何かの。
予兆の様な。
そんな空気の中。

始まろうとする。
新たな。
物語の。
その。
最初の頁を。

繰ろうか。
どうしようか。
そんな躊躇いに。
その心持ちに。
戸惑いながら。

ゆっくりと。
変わりゆく空気の。
その匂いを。
胸の奥まで吸い込んで。
感じて。

さて。
何が始まるのか。
何が描かれるのか。
何処へと動くのか。
そんな思いを巡らせて。

意を決し。
そろそろと。
恐る恐る。
最初の頁に。
指をかける。

『New Chapter』'81年リリース。
ブリティッシュ・レゲエの先駆者の一組、アスワド。
そのCBS移籍第一弾となった通算4枚目となるアルバム。
デビューして数年。環境を変えて心機一転との思い。
それがアルバム・タイトルにも反映しているのかなと。
ブリティッシュ・レゲエ・・・今はUKレゲエかな。
その特徴と言えば、ずっしりとした重量感のあるサウンドで。
まるでロンドンの曇り空を思わせるものがあったりもするのが面白いところ。
そのサウンドを背景とした、陽気でポップな歌声とメロディ。
その相反する様で、見事に調和しているところが何とも魅力的なのですが。
このアルバムのサウンドなどはまさにそんなUKレゲエならではのものかと。
ホーン・セクションも加わったそのサウンドには独特の陰り、湿り気もあって。
そこらにはブリティッシュ・ロックからの影響も感じとれるかなと。
さて。アスワドと言うのはアラビア語で、黒いと言う意味を表す言葉だそうで。
英国におけるラスタファリズムや、関係も深い社会問題を。それらに対するメッセージを。
それをそのサウンドに乗せて歌い、伝える。その事によって人気を博したアスワド。
そのスタイルを一層深化させて新しい章の扉を開けてみせたのがこのアルバムで。
それに見合うだけの成果を上げることに成功した傑作だとも言えるのですが。
高い評価とは裏腹に。商業的には大きな成功を得ることは無かったらしく。
CBSとはアルバム二枚で契約解除。その後、試行錯誤を経て。
思い切ったポップ路線に舵を切って。商業的にも大きな成功を手にするも。
もはや、レゲエである必要が無い様な、そんな姿へと変容してしまいました。
このアルバムで幕を上げた新しい章、物語。その続きをもう暫くは感じたかったかな。

重苦しく。
湿っぽい。
何かを。
予感させる様な。
そんな空の下。

開かれようとする。
新たな。
物語の。
その。
最初の章に。

触れようか。
どうしようか。
そんな二の足を。
踏む、心持ちに。
当惑しながら。

ゆっくりと。
沈み来る空の。
その気配に。
手足の先まで震わせて。
感じて。

さて。
何を始められるのか。
何を描けるのか。
何処へと動いていくのか。
そんな思いを巡らせて。

意を決し。
ゆっくりと。
慎重に。
最初の章に。
筆を下ろす。

ゆっくりと。
変わりゆく空気の。
その匂い。
そいつが。
間違いないと告げている。

ゆっくりと。
沈み来る空の。
その気配。
そいつが。
確かだと告げている。

どんよりと。
ずっしりと。
その。
予兆は。
本物だと。

重苦しく。
湿っぽい。
その。
予感は。
現実になると。

始まろうとする。
新たな。
物語の。
最初の頁。
最初の章。

そこで。
何が始まるのか。
何が描かれるのか。
何処へと動くのか。
それは何なのか。

そう。
何を始めるのか。
何を描くのか。
何処へと動いていくのか。
それは何ものとなるのか。

意を決し。
そろそろと。
慎重に。
最初の章を。
描き始める。

そう。
新たな物語。
新たな章。
それを描くのは。
己でしかないのだ。



web拍手 by FC2

|

« 2018/01/18 Thu *人間なんてさ / Manfred Mann | トップページ | 2018/01/23 Tue *くだらないと呟いて / Jackie Mittoo »

006 Raggae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/01/22 Mon *それを描くのは / Aswad:

« 2018/01/18 Thu *人間なんてさ / Manfred Mann | トップページ | 2018/01/23 Tue *くだらないと呟いて / Jackie Mittoo »