« 2018/01/22 Mon *それを描くのは / Aswad | トップページ | 2018/01/24 Wed *そんなものなど / Bunny Wailer »

2018/01/23 Tue *くだらないと呟いて / Jackie Mittoo

20180123inlondon


退屈も。
憂鬱も。
そんな諸々を。
くだらないと。
呟いて。

飄々と。
受け流して。
あるいは。
そんな振りをして。
それでと。

いつも通りに。
否、それ以上に。
軽い足取りで。
歩けたら。
歩いていけたらと。

そんな。
粋な。
処し方。
歩き方。
生き方。

そいつが。
出来ればいいのだが。
どうにも。
往々にして。
気分に左右される。

くだらないと。
呟いて。
先ずは。
楽しいことだけを。
見るようにしてみもする。

『In London』'67年リリース。
ジャッキー・ミットウの初めてのソロ・アルバム。
スカの名門、スカタライツでそのキャリアをスタートさせて。
その後ソウル・ブラザーズを結成して。
何故か英国ツアー時にはソウル・ヴェンダーズと改名して。
アルバム・タイトル通りに、そのツアー時にロンドンで録音されました。
ちょうどロック・ステディが全盛の時期にあたり、極上のロック・ステディを堪能できます。
柔らかく、優しく、人懐っこいサウンド。その中心にあるのがジャッキーのオルガンで。
ジャマイカを、そしてスカ、ロック・ステディ、レゲエを代表する鍵盤奏者として。
その才能を遺憾なく発揮しています。そしてそれだけに止まらずに。
後の活動で顕著となる選曲者、アレンジャーとしての非凡なセンスの萌芽も見られて。
「Soul Finger」「Whiter Shade Of Pale」「Massachusetts」といった著名なナンバー。
そのカヴァーを実に何とも巧みに、そして粋に自らのものとしているのです。
オリジナルの良さを生かしながら、更にはジャッキーならではの味わいが加わっていて。
そのほんわかとして緩く、そしてどこか切ない哀感が漂う様。それが堪りません。
思わず共に口ずさんでしまう、そんなインストなのに。決して単なるBGMにはならずに。
オリジナル・ナンバーと遜色ない、そんな独自の魅力を有しているのです。
ここらはキング・カーティスなどと相通じるものがあるのかなとも感じます。
白眉が、あの「Norwegian Wood」のリフを借用した「Darker Shade Of Black」で。
この、何と言うか。聴いているとどうにもしみじみとして、そして口元が綻んでしまう。
何とも言えない、飄々としているとも思える、愛嬌のある粋さに憧れてしまうのですよね。
例えば異国にあって。郷愁に駆られて。それでも。それをそのまま表に出さずに。
軽やかに、穏やかにやり過ごして。そして少し陰をも感じさせる。その粋な佇まいが・・・焦がれます。

倦怠も。
無為も。
そんな有象無象を。
くだらないと。
呟いて。

淡々と。
遣り過ごして。
あるいは。
そう言い聞かせて。
それでと。

いつも通りに。
否、それ以上に。
弾むステップで。
踊れたら。
踊り続けられたらと。

そんな。
粋な。
対し方。
歩き方。
踊り方。

そいつが。
出来ればいいのだが。
どうにも。
間々にして。
気分に引きずられる。

くだらないと。
呟いて。
先ずは。
面白いことだけを。
考えるようにしてみもする。

そんな。
つもりは。
ないのだが。
その筈なのだが。
どうにも。

そんな。
程度で。
そうなるものかと。
思いもするが。
こうにも。

退屈とか。
憂鬱とか。
倦怠とか。
無為とか。
絡めとられる。

素振りでも。
思い込みでも。
飄々と。淡々と。
受け流すしかなさそうで。
遣り過ごしかなさそうで。

粋な。
処し方。対し方。
歩き方。
生き方。踊り方。
そいつをやってみるかと。

仕方ねぇなと。
呟いて。
楽しいことだけを。
面白いことだけを。
感じて見るようにする。

気分に。
左右されない様に。
引きずられない様に。
くだらないと。
呟いて。



web拍手 by FC2

|

« 2018/01/22 Mon *それを描くのは / Aswad | トップページ | 2018/01/24 Wed *そんなものなど / Bunny Wailer »

006 Raggae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/01/23 Tue *くだらないと呟いて / Jackie Mittoo:

« 2018/01/22 Mon *それを描くのは / Aswad | トップページ | 2018/01/24 Wed *そんなものなど / Bunny Wailer »