« 2018/02/22 Thu *いかなくちゃ / Sam & Dave | トップページ | 2018/02/24 Sat * 愛しあってるか~い! / Johnnie Taylor »

2018/02/23 Fri *助走に入ろう / Archie Bell & The Drells

20180223tightenup


キリキリと。
シャキシャキと。
上げていかないと。
なので。
ここらで一つ。

ギリギリと。
キュルキュルと。
螺子を締めて。
発条を巻いて。
助走に入ろう。

週末である。
いつもの。
でも。
一度限りの。
週末である。

うまく。
弾けられる様に。
跳ねられる様に。
飛んでいける様に。
転がれる様に。

締めて。
巻いて。
溜め込んだら。
筋を伸ばして。
腱を伸ばして。

ゆっくりと。
しっかりと。
徐々に。
速度を上げて。
助走に入ろう。

『Tighten Up』'68年リリース。
アーチー・ベル&ザ・ドレルズの1stアルバム。
アーチーを中心にヒューストンで結成されたヴォーカル・グループ、ドレルズ。
ヒューストンのローカル・レーベルと契約して。インスト・バンドと共に録音。
その中の一曲が、かの「Tighten Up」でした。シングルのB面としてリリースされるも。
DJ達がこぞって「Tighten Up」をラジオで流した為にヒューストンで小ヒットになって。
それに目をつけたアトランティックが契約を買い取って。改めて全米でリリース。
何とビルボードの首位に立つ大ヒットとなって。ミリオン・セラーに。
その勢いに乗ってリリースされたのが代表作ともなったこのアルバムでした。
まぁ、何はともあれ。「Tighten Up (Part1)」「Tighten Up (Part2)」の二連発にやられます。
こいつをシングル盤のA面とB面にした辺りは、流石はアトランティックと言ったところ。
ドレルズの名前を知らなくても、曲名を知らなくても。恐らく殆どの人が耳にしている。
そして耳にすれば。気分が上がって。思わず身体が動いて、自然と揺れてしまう。
何ともそのリズムがご機嫌で、心地よいダンス・ナンバー。こいつで決まりかなと。
あまりにご機嫌なので、3分ほどで終わるのが惜しいなぁと思っていると・・・
間髪入れずに第二弾が始まると。このA面頭の心憎いまでの出し惜しみの無さが最高です。
何かをやろうとする時、始めようとする時。これほどに締めて、巻いて、上げてくれる。
そんなナンバーも他には無いかなと思います。実に何とも堪らないのですよねぇ。
このアルバムはヴォーカル・グループとしてのドレルズの幅広い魅力を伝えていて。
「Knock On The Wood」をグイ乗りで、熱く力強さに溢れて聴かせれば。
「In The Midnight Hour」も若さ溢れる、溌溂とした歌声で聴かせてくれますし。
アーチーの実体験を下にした「A Soldier's Prayer, 1967」と言うバラードも聴きものです。
でも、まぁ。やっぱり。「Tighten Up (Part1)」「Tighten Up (Part2)」がね、最強ではあるかな・・・

キリキリと。
シャキシャキと。
上げていくぞと。
なので。
ここらでそろそろ。

ギリギリと。
キュルキュルと。
螺子を固くして。
発条を強くして。
助走に入ろう。

週末である。
ただの。
でも。
繰り返しではない。
週末である。

うまく。
弾けないとねと。
跳ねないとねと。
飛ばないとねと。
転がらないとねと。

固く。
強く。
溜め込んだら。
筋を伸ばして。
腱を伸ばして。

慌てずに。
確かに。
着々と。
速度を上げて。
助走に入ろう。

溜め込んだ。
エネルギーを。
少しずつ。
開放して。
動きだそう。

聴こえてくる。
響いてくる。
リズムの。
ビートの。
そのままに。

感じられる。
震える。
リズムの。
ビートの。
そのままに。

いつもの。
週末だから。
この。
週末は。
一度きりだから。

うまく。
弾けて。
跳ねて。
飛んで。
転がって。

螺子を固く締めて。
発条を強く巻いて。
溜め込んだら。
聴こえてくるものを待って。
感じるものを捉えて。

そのままに。
流れに乗って。
着実に。
速度を上げて。
助走に入ろう・・・



web拍手 by FC2

|

« 2018/02/22 Thu *いかなくちゃ / Sam & Dave | トップページ | 2018/02/24 Sat * 愛しあってるか~い! / Johnnie Taylor »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/02/23 Fri *助走に入ろう / Archie Bell & The Drells:

« 2018/02/22 Thu *いかなくちゃ / Sam & Dave | トップページ | 2018/02/24 Sat * 愛しあってるか~い! / Johnnie Taylor »