« 2018/03/19 Mon *俺を月に / Van Morrison | トップページ | 2018/03/21 Wed *独りでお茶を / Led Zeppelin »

2018/03/20 Tue *脳天杭打ち / Status Quo

20180320piledriver


好事魔多し。
なるほどね。
よく言ったものだと。
いや。
感心している場合ではないが。

そうか。
こうも。
見事に。
この。
タイミングで。

その。
一撃を。
放ってくるかと。
思わず。
笑ってしまうと言うか。

妙に。
清々しく。
納得さえも。
してしまう。
そんなこともあるのだと。

やられたなと。
まぁ。
考えたら。
あってもおかしくない。
話ではあるけれど。

ガツンと。
一発。
脳天杭打ち。
そいつを。
喰らわされたかな。

『Piledriver』'72年リリース。
ブギー一筋、ステイタス・クォーの5thアルバム。
ヴァーティゴに移籍後は、初めてとなるアルバムでもあります。
実は初期はサイケデリックなバンドで。ヒット曲も放っていたものの。
徐々にハードなブギーへとシフトし始めて。3rd辺りからブギー一筋。
その一本道が本格的に加速し始めて後戻りできなくなったのがこのアルバムからで。
その思い切りの良さ、小気味の良さもあって。全英チャートでも5位まで上がっていると。
今でも英国では国民的なバンドの地位にあるステイタス・クォーですが。
このアルバムから10年くらいが、本当に絶頂期にあったと言えるのかと。
まぁ、その実は。ブギーに心を決めたとか言いながらも。多少の迷いもあった様で。
バラードも数曲収められているのですが。凄いのはそいつが記憶に残らないと言う。
それだけブギーなナンバーが、実に何とも見事なままに心地よかったりするのですよね。
「Don't Waste My Time」「Big Fat Mama」「Paper Plane」「Roadhouse Blues」と。
このラインアップはあまりにも強力だなと。それはメンバーにも手応えとしてあったのか。
いずれもライヴでも定番となるナンバーだったりもするのですよね。
「Roadhouse Blues」なんて。ドアーズのオリジナルを何のひねりもなく、ただカヴァー。
あの歌声が無いので毒気には欠けるものの。そのハマり具合が妙に爽快だったりもします。
アルバム・タイトルは建設機械の杭打機の英語名称を捩ってつけたものと思われて。
ジャケットにもなっている所謂、ヘッド・バンギングの様が杭打機の動作に似ていると。
でもね、どうしても脳天杭打ちとの日本語名称を持つ、あのプロレス技を思い浮かべて。
そうだよな。ステイタス・クォーの一撃、その衝撃はまさに脳天に強烈な一撃、一発。
パイルドライバーを喰らわせられるのに等しいなと。何故か嬉しくて笑ってしまったりもするのです・・・

青天の霹靂。
なるほどね。
うまいこと言ったものだと。
いや。
得心している場合ではないが。

そうか。
ものの。
見事に。
この。
シチュエーションで。

その。
一撃を。
打ち込んでくるかと。
思わず。
頷いてしまうと言うか。

妙に。
素直に。
受容さえも。
してしまう。
そんなこともあるのだと。

やられたなと。
まぁ。
振り返ったら。
起きても不思議ではない。
話ではあるけれど。

ズドンと。
一発。
脳天杭打ち。
そいつを。
見舞われたかな。

練習も。
スパーリングも。
悪くはなく。
いい感じで。
運んで。

リングに。
上がったら。
ゴングと同時に。
コーナーを。
飛びだして。

手四つの。
探り合いから。
リストを極めて。
こちらのペースで。
押し込んで。

と、思ったら。
リストを返されて。
ロックを解かれて。
背中に。
エルボー一発。

思わず。
前屈みに。
なったら。
逆さまに。
持ち上げられて。

抵抗する。
間もなく。
脳天から。
マットに。
叩きつけられてと。

ガツンと。
一発。
ズドンと。
一発。
脳天杭打ち。

まぁ。
咄嗟に。
急所は外して。
KOは免れて。
リング外にエスケープ。

勝負は。
これから。
まだまだ続く。
しかし。
この脳天杭打ち・・少々効くかもなぁ・・・



web拍手 by FC2

|

« 2018/03/19 Mon *俺を月に / Van Morrison | トップページ | 2018/03/21 Wed *独りでお茶を / Led Zeppelin »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/03/20 Tue *脳天杭打ち / Status Quo:

« 2018/03/19 Mon *俺を月に / Van Morrison | トップページ | 2018/03/21 Wed *独りでお茶を / Led Zeppelin »