« 2018/05/01 Tue *コトコトと、グツグツと / Dr. John | トップページ | 2018/05/03 Thu *忘れないでと / Percy Sladge »

2018/05/02 Wed *お帰りなさいと / Bo Dollis & The Wild Magnolias

20180502imbackatcarnivaltime


なんだ。
帰ってきている。
ここにいる。
そうなのだ。
そうなのだな。

この場の。
片隅に。
現れて。
佇んで。
笑っている。

相変わらず。
皆、馬鹿だなと。
ニコニコしている。
皆、気づいていないと。
油断している。

いやいや。
目には見えなくても。
皆、感じているから。
だから。
こんなことになっているのだから。

今日は。
この国の。
いたるところに。
現れて。
さぞや忙しかろうと。

だから。
お帰りなさいと。
大騒ぎして。
はしゃいで。
お出迎えするのが筋ってものだ。

『I'm Back…At Carnival Time !』'88年リリース。
ボ・ドリス&ザ・ワイルド・マグノリアスの3枚目となるアルバム。
ニュー・オーリンズのマルディグラ・インディアン。
そのサウンドを初めてレコードとして記録したのが、ワイルド・マグノリアスで。
そのチーフであるボ・ドリスとゴールデン・イーグルスのチーフであるモンク・ブードロー。
この二人を中心とした、弾ける、陽気な歌声とパーカッション、ブラス・セクション。
そこにスヌークス・イーグリンら達人を集めたバンドも加わってお祭りが繰り広げられる。
その様が、何とも圧巻で、また何とも楽しくて、一緒に騒ぎたくなってしまうと言う。
このアルバム・タイトルは、実に十数年ぶりの録音、リリースだったこともあって。
帰ってきたぜとの、堂々の帰還宣言とも受け止めたらいいのかな。
尤も。毎年の様に。マルディグラのパレード、行進は行われていたのだろうし。
時には、そうあのジャズ&ヘリテッジ・フェスティヴァルにも参加していた筈なので。
まぁ、あくまでも。レコードとしてはご無沙汰でした、とのことではあるのでしょうが。
本来は、現地で、生で聴いてこそ、感じてこそ、そして踊ってこそだと思いますが。
このアルバムに捉えられた。そのリズム、そのビート。それだけでも十分に昂揚させられて。
「Iko, Iko」とか「Tipitina」なんてお馴染みのナンバーもあるので。
ついつい。一緒にリズムをとってしまう、踊りだしてしまう。何ともご機嫌なのです。
こんな陽気なパレード、行進に加わらないなんて、それは何とも勿体ないなと思うのです。
ここ最近はまた録音、リリースからは遠ざかっている様でもありますが。
変わらずに。活動を続けていると思われて。一度は生で退官したいかなと。
そうだ。モンクは脱退したらしいけど。今はあの山岸潤史もバンドに加わっているかと。
その日が来るまでは。このアルバムに針を落として、歌い、踊り、騒ぐこととしますかね。

そうさ。
帰ってきている。
ここにいる。
そうなのだ。
そうに、違いないのだ。

この場を。
片隅から。
見つめながら。
はにかんで。
笑っている。

相変わらず。
皆、最高だなと。
ニコニコしている。
皆、愛しあっているなと。
嬉しそうにしている。

そうさ。
耳には聴こえなくても。
皆に、届いているから。
だから。
こんなことになっているのだから。

今日は。
この国の。
いたるところで。
呼ばれて。
さぞや忙しかろうと。

だから。
お帰りなさいと。
歌って、踊って。
涙、溢れて。
お帰ししないのが筋ってものだ。

本当に。
必要なもの。
それって。
何だろう。
ふと。そう思う。

本当に。
大切なもの。
それって。
何だろう。
ふと。そう思う。

きっと。
そいつは。
目には見えなくて。
耳にも聴こえなくて。
そうなのだけど。

ふと。
感じるもの。
届くもの。
そう。
降ってくるもの。

そう。
そいつを。
素直に。
真摯に。
受け止めること。

そうすると。
ほら。
魔法の様な。
奇跡の様な。
時がやってくるのだと。

だから。
それを教えてくれた。
それを感じさせてくれた。
あの人に。
お帰りなさいと。

さぁ、もう一丁、祭りを続けよう・・・



web拍手 by FC2

|

« 2018/05/01 Tue *コトコトと、グツグツと / Dr. John | トップページ | 2018/05/03 Thu *忘れないでと / Percy Sladge »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/05/02 Wed *お帰りなさいと / Bo Dollis & The Wild Magnolias:

« 2018/05/01 Tue *コトコトと、グツグツと / Dr. John | トップページ | 2018/05/03 Thu *忘れないでと / Percy Sladge »