« 2018/05/15 Tue *空回り / Steve Winwood | トップページ | 2018/05/17 Thu *転がる者で / Muddy Waters »

2018/05/16 Wed *追われているのか / Hound Dog Taylor And The Houserockers

20180516hounddogtaylorandthehousero


何に。
追われているのか。
影も。
姿も。
見えてはいないのに。

でも。
背後に。
確かに。
その気配を。
感じるのだ。

荒々しい。
息遣い。
危うい。
匂い。
そんなものが。

つかず離れず。
一定の距離をとりながら。
しかし。
見失うことなく。
追ってくる。

なんなのだ。
この。
苛立ちは。
この。
慄きは。

地獄の猟犬。
そんなものに。
どうやら。
随分と前から。
親しまれているらしい。

『Hound Dog Taylor And The House Rockers』'71年リリース。
ハウンド・ドッグ・テイラーの、そしてアリゲイター・レーベルの初めてのアルバム。
デルマーク・レコードに勤務していたブルース・イグアロがテイラーを再発見して。
ところが。デルマークは動こうとせず。このままではテイラーのブルースが埋もれると。
そのブルースをシカゴのゲットーの奥深くに眠らせたままにはできないと。
一念発起したイグアロはなんと、テイラーの為だけにレーベルを興してしまったのですね。
自宅をオフィスにして。そこでレコードを梱包して、トラックに積んでラジオ局回りと。
そんな地道な作業によって。このアルバム、テイラーのブルースは世に放たれたのですね。
さてと。二日間で行われたこのアルバムの録音に臨んだ際に既にテイラーは50代半ばで。
そう。実はエルモア・ジェイムスより年長ののですよね。それだけに気合も入っていて。
普段はベース・レスのトリオで演奏していたものの。新たにベースを加えることを願ったと。
しかし。イグアロが却下。ライヴそのままのラフで、タフで、ディープなままにと。
テイラーに、ギターのブルワー・フィリップス、ドラムスのテッド・ハーヴェイのトリオ。
そうハウス・ロッカーズのシカゴのゲットーでのライヴ、そのままの熱気を持ち込ませたと。
これが大正解で。激しく、狂おしく突き進むテイラー。縦横無尽に絡むフィリップス。
そんな2人をこれでもかと煽るハーヴェィ。そいつが一丸、礫となって飛んでくると言う。
ここまで原始的で野生のままの。思いのまま、激情のままのギター、ブルースなんて。
そうは無いだろうと。まさに本能のままの猟犬の如しで。自由奔放なブルースが痛快です。
そして。それだけ聴く者を追い回す様でいながら。実に何とも陽気に突き抜けてもいると。
これこそが、ゲットーで数多の男女を震わせ、そして躍らせてきたその本領なのだろうと。
追われて、追い回されて。それ故の緊張感、昂揚感。それがテイラーのブルースなのだと。
う~ん、実は嗅覚鋭い猟犬と言うのはイグアロだったかもしれなくて。その貢献の大きさ。
パンク・ブルースのオリジネイターがテイラーなら、ファウンダーは間違いなくイグアロなのですよね。

誰に。
追われているのか。
影も。
姿も。
ありはしないと言うのに。

でも。
空気に。
確かに。
その徴表を。
感じるのだ。

潜めた。
息遣い。
隠せない。
匂い。
そんなものが。

どこからか。
一定の距離をとりながら。
しかし。
隙を見せることなく。
囲ってくる。

なんなのだ。
この。
焦燥は。
この。
戦きは。

地獄の猟犬。
そんなものに。
どうやら。
いつの間にか。
馴つかれているらしい。

いつも。
いまも。
追われ。
逃れ。
振り返る。

見えない。
聞こえない。
でも。
確かに。
感じる。
いつでも。
どこでも。
追われ。
逃れ。
見回す。

見えない。
聞こえない。
でも。
確かに。
蠢く。

この。
苛立ちが。
この。
慄きが。
追われている、その証。

この。
焦燥も。
この。
戦きも。
追われている、その証。

ふと。
気づく。
この息遣い。
この匂い。
どこか懐かしくありはしないかと。

何に、誰に、追われているのか・・・



web拍手 by FC2

|

« 2018/05/15 Tue *空回り / Steve Winwood | トップページ | 2018/05/17 Thu *転がる者で / Muddy Waters »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/05/16 Wed *追われているのか / Hound Dog Taylor And The Houserockers:

« 2018/05/15 Tue *空回り / Steve Winwood | トップページ | 2018/05/17 Thu *転がる者で / Muddy Waters »