« 2018/06/06 Wed *それでも、待っているのだ・・・ / Little Feat | トップページ | 2018/06/10 Sun *直に、生に / Aswad »

2018/06/07 Thu *錆びついても / Neil Young & Crazy Horse

20180607rustneversleeps


そうさ。
もう。
全身。
ガタがきている。
満身創痍。

今更。
どこを。
どうしたところで。
元になど。
戻りはしない。

軋むたび。
油を差して。
だまし、だまし。
なんとか。
動かして。

亀の甲より。
何とかで。
誤魔化しながら。
生き延びている。
そんなもの。

そいつも。
年を経るたびに。
だんだんと。
神通力も。
落ちてきて。

それでも。
錆びついて。
ガタガタになっても。
諦めがつかないのは。
何故だろう。

『Rust Never Sleeps』'79年リリース。
パンクの時代に見事に呼応してみせたニール・ヤングのアルバム。
実は一曲を除いてはライヴ・レコーディングとのことですが。歓声は消されていて。
ライヴ録音故の緊張感を生かしたスタジオ・アルバムと言ったところかなと。
A面にはニールのソロによるアコースティックなナンバーが並んでいて。
B面になると一転、クレイジー・ホースとのエレクトリックなナンバーが炸裂すると。
この対比、落差、激変が生み出す効果は明らかに計算して狙われていたもので。
A面の頭にアコギを掻き鳴らす「My My, Hey Hey (Out Of The Blue)」を。
B面の終わりにエレキが轟音で鳴り響く「Hey Hey, My My (Into The Black)」を配して。
題名も異なり、歌詞も若干異なり。されど実質同じナンバーを。両面の象徴として。
錆びるよりも燃え尽きたいと歌い、一方で錆びついても燃え続けてやると咆哮し。
ロックンロールはここにある、ロックンロールは死なないと高らかに宣言するニールです。
この時、既に十年選手だったニール。牙を剥いてきたパンク勢を恐れも、媚びもせずに。
尚のこと、無視も決め込まず。真正面から対峙して。その刺激をも自分の中に取り込んで。
俺が燃え続ける限りは、ロックンロールは死にはしないぜと吠えて、そして実践すると。
これ以降の。ニールは以前に比較してより無節操とも思える新福の大きい活動を続けます。
そう、どれだけ歳を重ねようと、錆びようと、ガタがこようと。常に嗅覚鋭く、貪欲に。
諦めさえしなければ、いつまでも燃え続けられる、続けないといけないのだと。
この開き直りと言うか、覚悟、腹の据わり方がニールのニールたる所以かなとも思うのです。
恐らくは。そこまでしなくてもいい。受け容れて、終わりにして、眠って、錆びついて。
誰も何も言わないだろうと。でも自分自身が納得できない、だから拒んで、足掻き続けると。
今に続く。ニールの反骨の精神、その生き様の改めての決意城明。それが胸の奥に深く突き刺さるのです。

そうさ。
もう。
全身。
ボロボロになって。
満身創痍。

今更。
どこを。
どうしたところで。
あの頃など。
取り戻せはしない。

呻くたび。
油を足して。
だまし、だまし。
なんとか。
這いながら。

昔とった。
何とかで。
幻惑しながら。
生き延びている。
そんなもの。

そいつも。
歳を重ねるたびに。
だんだんと。
ハッタリも。
効かなくなってきて。

それでも。
錆びついて。
ボロボロになっても。
諦める気にならないのは。
何故だろう。

だって。
未だ。
楽しそうなことが。
面白そうなことが。
ありそうだから。

だって。
未だ。
求めるものが。
欲しいものが。
あるのだから。

だって。
未だ。
やってないことも。
やり残したことも。
あるのだから。

そうさ。
全身。
ガタがきている。
ボロボロになって。
満身創痍。

今更。
元になど。
戻りはしない。
あの頃など。
取り戻せはしない。

軋むたび。
油を差して。
呻くたび。
油を足して。
だまし、だまし。

錆びついて。
ガタガタになっても。
ボロボロになっても。
諦めることなど。
思いが及びもしない。

いつまでも。
どこまでも。
しつこく、しぶとく。
錆びついても。
足掻き続けてやるのだ・・・



web拍手 by FC2

|

« 2018/06/06 Wed *それでも、待っているのだ・・・ / Little Feat | トップページ | 2018/06/10 Sun *直に、生に / Aswad »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/06/07 Thu *錆びついても / Neil Young & Crazy Horse:

« 2018/06/06 Wed *それでも、待っているのだ・・・ / Little Feat | トップページ | 2018/06/10 Sun *直に、生に / Aswad »