« 2018/07/14 Sat *その後の / Elmore James | トップページ | 2018/07/16 Mon *路傍の / Blind Lemon Jefferson »

2018/07/15 Sun *魔術を / Tampa Red

20180715guitarwizard


魔術を。
使えれば。
そうすれば。
なんとか。
なるのにと。

技術も。
及ばない。
思考も。
及ばない。
そんなことでも。

魔術を。
使えれば。
そうすれば。
なんとか。
なるのだと。

ふと。
そんな思いが。
頭に浮かんで。
離れなくなる。
そんな夜がある。

あれも。
これも。
魔術を。
使って。
成し遂げてしまえれば。

一筋の。
道が開ける。
明りが射し込む。
魔術を。
使えれば。

『Guitar Wizard』'75年リリース。
ギター・ウィザード、ギターの魔術師、タンパ・レッド。
その全盛期であるブルーバード時代の録音を中心に編集されたアルバム。
'34年~'50年迄の音源から代表的なナンバーが16曲収録されています。
同年に米国で2枚組の同名アルバムがリリースされていて。
それを日本独自でシングル・アルバムに編集し直したものだと思われます。
日本では2枚組32曲、そいつは消化しきれないと思われたのかな。
さて。'50年代半ばには第一線を退いてしまい。ロック界とも直接的な繋がりがなく。
故に。シティ・ブルースを代表するギターの名手として一部で知られるだけになった。
そんなタンパですが。ブルーバード以前のSP時代から活躍していて。
大恐慌時代までにその録音は100曲を越えていた大スターだったのですよね。
ブルーバードで再スタート後も、後々まで歌い継がれるブルース・クラシックの数々を。
その超絶的に巧みなギターと、飄々とした歌声。そして卓越したアレンジ・センスで。
200曲以上も録音し。戦後のブルース・マン達にも多大な影響を残している偉人なのです。
「Anna Lou Blues」「Don't You Lie To Me」「It Hurts Me Too」「Love Her With A Feeling」
ロバート・ナイトホーク、エルモア・ジェイムス、ジュニア・ウェルズ、フレディ・キング。
数多のブルース・マン達が歌い継いだ。その原型をこのアルバムで聴くことができます。
既にナイトホークやエルモアのヴァージョンを彷彿させるものがあると言うか。
言ってしまえば。彼らはエレキ化してパワーを増幅しただけ(それはそれで凄いですけど)。
そう思える程の完成度の高さで。タンパが如何に優れて先進的だったかがわかります。
そのボトル・ネックを駆使したギターの技量の高さ。それだけでなく総てにおいて。
タンパにはまさにブルースの魔術を身につけていたのだと。そう思いたくなるのです。

魔術を。
信じれば。
そうすれば。
なんとか。
なるかなと。

技量も。
足りない。
思慮も。
足りない。
そんなものでも。

魔術を。
信じれば。
そうすれば。
なんとか。
なるのではと。

ふと。
そんな願いが。
頭に浮かんで。
恃んでみたくなる。
そんな夜がある。

あれも。
これも。
魔術を。
信じて。
成し遂げられるのならば。

一縷の。
望みが託せる。
光が萌してくる。
魔術を。
信じれば。

及ばない。
そんな者である。
そのことを。
承知している。
だからこそ。

至らない。
そんな者である。
そのことも。
承知している。
だからこそ。

何かが。
足らない。
そんなことは。
理解している。
だからこそ。

何かも。
拙い。
そんなことも。
理解している。
だからこそ。

魔術を。
使って。
なんとか。
なんとしても。
なんとかしたいと。

魔術を。
信じて。
なんとか。
なんとでも。
なんとかするのだと。

魔術を。
信じられれば。
信じきることができれば。
そして。
なんとかしてしまいたいのだ・・・



web拍手 by FC2

|

« 2018/07/14 Sat *その後の / Elmore James | トップページ | 2018/07/16 Mon *路傍の / Blind Lemon Jefferson »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/07/15 Sun *魔術を / Tampa Red:

« 2018/07/14 Sat *その後の / Elmore James | トップページ | 2018/07/16 Mon *路傍の / Blind Lemon Jefferson »