« 2018/07/18 Wed *満ちてくるのを / The Moonglows | トップページ | 2018/07/25 Wed *先ずは自分が / The Damned »

2018/07/24 Tue *なんだか、かんだか / The Police

20180724zenyattamondatta


なんだか。
かんだか。
よくわからないが。
兎に角。
もやもやと。

そんな。
心持ちで。
どうにも。
こうにも。
ぶつくさと。

ふと。
気づくと。
独り言。
呟いて。
我に返って。

何を。
口にしていたのか。
何を。
思っていたのか。
わからないけれど。

なんだか。
かんだか。
溜まったものが。
晴れないものが。
あるのだなと。

その。
正体が。
見極められずに。
なんとも。
乗りきれないと。

『Zenyatta Mondatta』'80年リリース。
何とも意味不明な感もあるポリスの3枚目のアルバム。
このアルバム・タイトルは・・・諸説ある様ですが。なんなのだろうと。
ジャケットのセンスの無さは。まぁ、なんにも考えてなかったのかな。
スタイリッシュなイメージがありますが。実のところ、ポリスと言うのは。
こと音楽以外に関しては無頓着で。それは自身の裏返しかなとも思いますが。
「De Do Do Do, De Da Da Da」等と言うのも悪ふざけが過ぎると言うか。
意匠なんか、どうでもいいだろうと言う。ある意味での傲慢さが窺えるかな。
この自信、この傲慢さ。それこそがポリスの魅力でもあるので。
トリオ編成で。最小限のフレーズで。これだけのことが他の奴等に出来るかと。
ぞれぞれの技量の確かさ、高さがあってこそではあるのですが。
決してそれをひけらかすわけでもなく。シンプルにキャッチーにと。
それでいて決してスカスカにならない。そのサウンドの緻密な豊潤さがあって。
アンディ・サマーズ、スチュワート・コープランド、そしてスティング。
この3人でなければ成り立たない、その世界に魅せられてしまうのですよね。
正直、鼻持ちならない、鼻につくところもあるのですが。それでもねと。
ただ。それぞれのキャリアもバックボーンも異なれば。個性も強烈な3人ですから。
なんとも微妙なバランスの上に成り立っていた、そんな危うさがつき纏ってもいて。
このアルバムでは。そこらが。やや綻びている、崩れかかっているかなとも。
どうにも。収まりきらない、収めきれなかった。その過程を晒してしまった感もあって。
ポリスにしてはグダグダと言うか。なんだか、かんだか。わからなくもあるのですが。
それも。次作以降で。見事に回収して。新たな高みに達してしまう。そのしたたかさもポリスかなと。

なんだか。
かんだか。
ハッキリしないが。
兎に角。
ぐだぐだと。

そんな。
赴きで。
どうにも。
こうにも。
やれやれと。

ほら。
またもや。
独り言。
零れて。
ため息ついて。

何を。
口の端に上らせたのか。
何を。
思い惑っていたのか。
わからないけれど。

なんだ。
かんだと。
満ちたものが。
吐き出せないものが。
あるのだなと。

その。
正体を。
捉えられずに。
なんとも。
やりきれないと。

なにが。
どうした。
そいつが。
どうしたものか。
こうしたものか。

なにが。
どうだと。
そいつが。
どうにも。
こうにも。

胸の内が。
ざわついて。
落ち着かなくて。
静まらなくて。
それはそうだが。

その。
溜まったものが。
晴れないものが。
満ちたものが。
吐き出せないものが。

その。
正体を。
見極められずに。
捉えられずに。
のりきれず、やりきれず。

収まらない。
収められない。
胸、掻き毟るほどに。
なんだか。
かんだか。



web拍手 by FC2

|

« 2018/07/18 Wed *満ちてくるのを / The Moonglows | トップページ | 2018/07/25 Wed *先ずは自分が / The Damned »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/07/24 Tue *なんだか、かんだか / The Police:

« 2018/07/18 Wed *満ちてくるのを / The Moonglows | トップページ | 2018/07/25 Wed *先ずは自分が / The Damned »