« 2018/07/24 Tue *なんだか、かんだか / The Police | トップページ | 2018/07/26 Thu *笑っちゃおう / Ian Dury & The Blockheads »

2018/07/25 Wed *先ずは自分が / The Damned

20180725musicforpleasure


自分が。
喜べない。
楽しめない。
それならば。
それなのに。

誰かを。
喜ばせる。
楽しませる。
そんなこと。
できるものかと。

そこを。
わかってないと。
間違えると。
およそ。
ろくなことにはならない。

少なくとも。
嫌だとか。
苦しいとか。
そんなものが。
伝わっては駄目だろうと。

尤も。
自分だけが。
喜んで。
楽しんで。
それも最悪だけれど。

先ずは。
自分が。
どうなのか。
どうしたいか。
どうありたいか。

『Music For Pleasure』'77年リリース。
恐ろしい程に低評価(らしい)ダムドの2ndアルバム。
現在も活動しているダムドですが。このアルバムで一度解散したのかな。
オリジナル・メンバーの4人が揃っている最後のアルバムで。
新たにギタリストが加わって5人編成で録音、制作されています。
このアルバムを最後に脱退したブライアン・ジェイムスがピンク・フロイドのファンで。
プロデューサーにはそのメンバーを呼んでやると言われて。
てっきり信奉しているシド・バレットが現れると思い込んでいたらしいのですが。
スタジオに行ったら待っていたのはニック・メイソンだったとか。
シドとニックじゃ。えらい違いと言うか。そこで断れよとか思ったりもするのですけどね。
そもそも。シドが現れるわけなど無いじゃないかと。そこが可愛いと言えば可愛いかな。
さてと。このアルバム。それぞれのナンバーは決して悪くはなくて。
普通にパンクとして、ロックンロールとしては十分に聴けると思うのですけど。
ダムドですからね。1stがあまりにも素晴らし過ぎて。そのギャップは大きいかな。
いいナンバーは多いのだけど。なんだか。あまりにも整い過ぎていると言うのか。
1stにはあった。八方破れな疾走感みたいなものは削がれてしまったのかな。
そこは。同じニックでも。ニック・ロウの方がダムドの本質を理解していたのだろうなと。
そう言えば。ニック・メイソンはダムドを知らなくて。演奏を聴いて呆然としたとかも。
そう考えると。やはりそのミス・マッチが痛かった、響いたアルバムと言うことなのかな。
ラスト・ナンバーに参加しているプログレ畑のサックス奏者のファンだったブライアンは。
それだけで幸せだったみたいな発言をしているとのことですが。
その喜びとか、楽しさが。綺麗すぎるサウンドのせいでダイレクトに伝わってこない。
そんなもどかしさが。どうしてもつき纏ってしまうかな。悪くない、嫌いではないですけど。

自分が。
遊べない。
面白く無い。
それならば。
それなのに。

誰かを。
遊ばせる。
面白がらせる。
そんなこと。
できるものかと。

そこを。
感じられないと。
勘違いすると。
およそ。
ろくなものにはならない。

少なくとも。
退屈だとか。
つまらないとか。
そんなものを。
表に出したら駄目だろうと。

尤も。
自分だけが。
遊んで。
面白くて。
それは最悪だけれど。

先ずは。
自分は。
どうなのか。
何をしたいのか。
何でありたいのか。

自分が。
喜べない。
楽しめない。
そいつを。
誰かに推せるのか。

自分が。
遊べない。
面白く無い。
そいつに。
誰かを誘えるのか。

自分が。
喜んで。
楽しんで。
だからこそ。
伝えたい。

自分が。
遊んで。
面白くて。
だからこそ。
響かせたい。

嫌い。
苦しい。
そんなものを。
誰かに。
伝えたくはない。

退屈。
つまらない。
そんなものを。
誰かに。
響かせたくはない。

だからこそ。
先ずは。
自分が。
そいつが。
肝心になるのだな。



web拍手 by FC2

|

« 2018/07/24 Tue *なんだか、かんだか / The Police | トップページ | 2018/07/26 Thu *笑っちゃおう / Ian Dury & The Blockheads »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/07/25 Wed *先ずは自分が / The Damned:

« 2018/07/24 Tue *なんだか、かんだか / The Police | トップページ | 2018/07/26 Thu *笑っちゃおう / Ian Dury & The Blockheads »