« 2018/07/27 Fri *もしも映画が撮れたなら / Dire Straits | トップページ | 2018/07/29 Sun *ただ感傷に / Otis Redding »

2018/07/28 Sat *未だ揺さぶられるなら / The Pirates

20180728stillshakin


未だ。
揺さぶられるなら。
揺れるなら。
やってみる。
価値はある。

否。
価値など。
あろうと。
なかろうと。
その事実。

振動に。
共鳴できた。
そいつだけで。
やってみるには。
十分だと。

老兵は。
死なず。
さりとて。
去りもせず。
止まって。

往生際悪く。
やれること。
やれるまで。
やってみる。
そんなところか。

未だ。
揺さぶられるなら。
受け止められるなら。
そいつには。
素直にと。

『Still Shakin'』'88年リリース。
唐突にリリースされた感のあったパイレーツのアルバム。
‘50年代から活動していたパイレーツ。ジョニー・キッドの死と共に解散。
その後にギタリストのミック・グリーンを中心に再結成されて。
ドクター・フィールグッド等の支持もあって。パブ・ロックの元祖として再評価されて。
‘70年代後半にはライヴ活動も活発化、遂には初めてのアルバムもリリースと。
漸く、正当な評価を受けて。それなりの人気も博する様になって。
尤も。パブ・ロックですからね。人気とは言え、知る人ぞ知るレベルではあって。
なかなか。継続した活動を維持するのも難しかった様で。レコード契約もままならずと。
まぁ、地道にパブをサーキットとかはしていたのでしょうし。ミックもリスペクトされてと。
それなりにファンも支援者もいて。そんな状況で急遽このアルバムが制作されたのかなと。
ミック以外は、それなりにキャリアのあるメンバーをリズム隊に迎えていて。
要はミックのギターを目玉にして。便宜的にパイレーツを名乗らせていると。
如何にもB級レコード会社が仕掛けそうな安易な企画ではあるのですが。悪くはなくて。
アルバム全編に渡ってウィルコのギターを更に太くした様なミックのギター。
そいつがゴリゴリと鳴り響いている。もう、それだけで十二分かなと思わされてしまいます。
収められているのも「Shakin' All Over」とか「Goin' Back Home」とかで。
それら往年のナンバーを。下手に弄ったり、凝ったりせずに。そのままやっている。
愚直とも言える、そのさり気なさ。偶々機会があったからスタジオに寄って録音したぞと。
その余裕、貫禄。流石は百戦錬磨と思わせて。そいつが無性にカッコいいのですよね。
いつ何時でも。いつでも、幾つになっても。揺さぶられるものはあり、揺れるものもあり。
それが。共鳴、共振を呼び起こす。そんな事実。それだけで十分に素晴らしいのです。

未だ。
揺さぶられるなら。
揺れてしまうなら。
やり続ける。
意味はある。

否。
意味など。
あろうと。
なかろうと。
その事実。

震動に。
共振できた。
そいつだけで。
やり続けるには。
十分だと。

老骨に。
鞭を撃って。
さりとて。
朽ち果てもせず。
止まって。

石に齧りついても。
やれるなら。
やりたいなら。
やり続けてみる。
そんなところか。

未だ。
揺さぶられるなら。
身を投じられるなら。
そいつには。
素直にと。

あれも。
いま一つ。
これも。
いま一つ。
そんなところ。

あいつも。
効かない。
こいつも。
利かない。
そんなもの。

あれは。
どうかな。
これは。
どうかな。
そうだから。

響いてくる。
感じられる。
その事実。
そいつは。
放ってはおけない。

振るえてくる。
届いてくる。
その事実。
そいつは。
見過ごしてはならない。

震えてくる。
動かされる。
その事実。
そいつを。
見逃してはならない。

未だ。
揺さぶられるなら。
揺れるなら。
それだけで十分に素晴らしい。
それを信じよう。



web拍手 by FC2

|

« 2018/07/27 Fri *もしも映画が撮れたなら / Dire Straits | トップページ | 2018/07/29 Sun *ただ感傷に / Otis Redding »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/07/28 Sat *未だ揺さぶられるなら / The Pirates:

« 2018/07/27 Fri *もしも映画が撮れたなら / Dire Straits | トップページ | 2018/07/29 Sun *ただ感傷に / Otis Redding »