« 2018/07/31 Tue *出来ること、やれること / Booker T. & The M.G.'s | トップページ | 2018/08/02 Thu *彼女の瞳は恋してる / Cold Blood »

2018/08/01 Wed *彼の瞳は恋してる / Carla Thomas

20180801geewhiz


何も。
言わなくても。
何も。
語らなくても。
問題はない。

その。
素振り。
その。
仕草。
何よりも。

その目を。
その瞳を。
見れば。
それこそ。
一目瞭然。

彼が。
その男が。
何を。
考えているか。
思っているか。

その目は。
その瞳は。
あまりにも。
雄弁で。
止まるところを知らない。

隠せない。
隠しておけない。
そもそも。
その気など。
無いのかもしれない。

『Gee Whiz』'61年リリース。
カーラ・トーマスの記念すべき1stアルバム。
かのルーファス・トーマスの娘として生まれたカーラ。
十代の頃からその才能を発揮してスタックス(の前身)に共に入社。
ルーファスとのデュエットでデビューして。ハイ・スクールで曲作りも始めて。
その一曲「Gee Whiz, Look At His Eyes」がアトランティックの目に留まり。
シングルとして発売されヒットして。そしてこのアルバムの制作に繋がったと。
才媛でもあったカーラは。ナッシュビルの大学に進学していて。
勉学と両立しながらの音楽活動となり。このアルバムはナッシュビルで録音されたとも。
いずれにしろR&B、ブルース。そのド真ん中にいたルーファスとは異なる個性。
その軽やかに、越境していく感覚と、それを実践する身のこなし。それがカーラです。
後にはワシントンD.C.の大学院でダニー・ハサウェイやロバータ・フラックとも出会うと。
メンフィス、南部だけに止まらない嗜好と志向を持っていたその歩みの第一歩です。
このアルバムに針を落とすと。いつも感じるのはいい意味での軽さと洗練で。
サウンドそのものはどっぷりと南部だったり、R&Bそのものだったりするのですが。
カーラの可憐で愛らしい歌声もあってか。とてもキュートでポップだなと言うことで。
手触り、肌触りとしてはブリティッシュ・ガール・ポップのアルバムに通じるものがあって。
まぁ、そこが一部ではディープさに欠けるとしてソウル・ファンからは不評な様ですが。
言わば、ずば抜けて垢抜けていたカーラだからこそ。その魅力は幅広く訴求したと。
それが後に全米、そして全世界へと進出を狙うスタックスにとっては必要だったのです。
才媛らしい生真面目さ、生硬さを残しつつ。「Gee Whiz, Look At His Eyes」に代表される。
何とも言えない純朴な可愛らしさが漂うカーラ。恋に落ちずにはいられないかな・・・

何も。
言わせなくても。
何も。
語らせなくても。
問題はない。

その。
佇まい。
その。
表情。
何よりも。

その目を。
その瞳を。
覗けば。
それこそ。
明明自白。

彼が。
その男が。
誰に。
焦がれているか。
恋しているか。

その目は。
その瞳は。
あまりにも。
能弁で。
黙するところを知らない。

秘せない。
秘しておけない。
そもそも。
その気など。
無いに違いない。

何も。
言わずとも。
何も。
語らずとも。
それでいい。

何も。
聞かなくとも。
何も。
訊けなくとも。
構わない。

その。
素振りも。
その。
仕草も。
そのままに。

その。
佇まいも。
その。
表情も。
そのままに。

その目を。
その瞳を。
見れば。
雄弁で。
止まるところを知らない。

その目を。
その瞳を。
覗けば。
能弁で。
黙するところを知らない。

そう。
その目が。
その瞳が。
何よりも物語る。
彼の瞳は恋してる・・・



web拍手 by FC2

|

« 2018/07/31 Tue *出来ること、やれること / Booker T. & The M.G.'s | トップページ | 2018/08/02 Thu *彼女の瞳は恋してる / Cold Blood »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/08/01 Wed *彼の瞳は恋してる / Carla Thomas:

« 2018/07/31 Tue *出来ること、やれること / Booker T. & The M.G.'s | トップページ | 2018/08/02 Thu *彼女の瞳は恋してる / Cold Blood »