« 2018/08/19 Sun *がっぷりと四つに組んで / Bobby Bland & B.B. King | トップページ | 2018/08/21 Tue *やることを、やろう / James Cotton Blues Band »

2018/08/20 Mon *再起動 / Bo Diddley

20180820theblackgladiator


起動。
再起動。
暫しの眠り。
そいつから。
目覚めよう。

忘れかけていた。
否、忘れていた。
記憶を呼び覚まし。
己が本分に。
立ち返ろう。

そう。
声が聞こえる。
呼ぶ声が聞こえる。
その力が必要なのだと。
呼んでいる。

眠りから覚めて。
鎖を引きちぎり。
足枷を解いて。
さぁ、その場へと。
闘いの場へと。

本来。
己がいるべき。
その場所へと。
歩を進めよう。
扉を開けよう。

呼ぶ声が。
その期待と。
その渇望が。
目を覚まさせる。
闘士、再起動。

『The Black Gladiator』'70年リリース。
ボ・ディドリーの(恐らく)なんやかやで19枚目となるアルバム。
チェス所属アーティストの中で断トツの枚数だと思われて。その人気の程が窺えます。
さて。ロックの時代、サイケの時代に素早く反応・・・便乗して。
マディやウルフに妙なアルバムを作らせたチェスです。それはそれで面白かったけれど。
で、調子に乗ったチェスが柳の下に泥鰌が三匹と。ボにも作らせてしまったと。
まぁ、おおよそ制作の背景はそんなところだと思われるのですけどね。誤算もあって。
だって、あのボですよ。とてつもなく雑食で、強靭な胃袋と旺盛な消化力を誇っていると。
そこへもってきて。当時の流行りのファンクの元祖、それはボのビートだとも言えるわけで。
マディやウルフとは異なって。企画に対して大いに乗り気と言うか。我、関せずとばかりに。
いつも通りにやっているだけ、いつも通りのボのビートを奏でているだけ。それだけで。
サイケもぶっ飛ぶ、超強力なブラック・ファンクなアルバムが出来上がってしまったと。
この強靭な発条の様な、鋼の様なところ。これこそがボの魅力なのですよね。
求められている、それで皆が楽しんで、喜んで、歓声を上げてくれる。それならば。
堂々と己が武器を携えて。舞台の、闘技場のど真ん中に立つと。その心意気が好きなのです。
バンドの詳細は不明。メタリックとも言えるボのギターと共に特徴的なのが。
うねり、ギターに絡みサウンドを牽引するキーボートと。不気味な感もある女性コーラスで。
サイケな意匠を纏い、ファンクのビートをものにした呪術師ボとその一座みたいな。
時代がなんだ、流行りがどうした。総て俺のビートで支配してやるぜとの意気がいいなと。
高い人気を誇りつつも。ライヴではロックンロール・リヴァイヴァル・ショーみたいな。
そんな座興でお茶を濁す日々が続いていたとも言われていて。鬱憤も溜まっていたかと。
それを晴らすべく、新たな闘いの場で再起動。総てをねじ伏せる、その様が痛快なのです。

起動。
再起動。
暫しの休み。
そいつを。
切り上げよう。

忘れかけていた。
否、忘れようとしていた。
闘志を呼び起こし。
己が本分に。
立ち戻ろう。

そう。
悲鳴が聞こえる。
泣く声が聞こえる。
その知が必要なのだと。
呼んでいる。

休みを切り上げて。
ねぐらから這い出して。
鍵を抉じ開けて。
さぁ、その時へと。
闘いの時へと。

本来。
己がいるべき。
その時間へと。
歩を踏み出そう。
流れに乗ろう。

叫ぶ悲鳴が。
その不安と。
その絶望が。
心を覚まさせる。
闘士、再起動。

別に。
それほどに。
不満がある。
そんなわけではない。
そのままでいい。

別に。
そこまで。
物足りなくもない。
そんなはずもない。
このままでいい。

そのまま。
このまま。
眠ったまま。
休んだまま。
それでもいい。

だけど。
どうやら。
このまま。
そのまま。
それでは済まないらしい。

ふと。
呼ぶ声が。
悲鳴が。
聞こえてしまう。
耳を塞いではいられない。

つい。
口を挟んで。
この力と知が。
少しでも役に立つなら。
出ていかねばと血が騒ぎだす。

己が本分。
それを。
眠らせられないのなら。
休みにつかせておけないのなら。
再起動・・・するしかないのだな。



web拍手 by FC2

|

« 2018/08/19 Sun *がっぷりと四つに組んで / Bobby Bland & B.B. King | トップページ | 2018/08/21 Tue *やることを、やろう / James Cotton Blues Band »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/08/20 Mon *再起動 / Bo Diddley:

« 2018/08/19 Sun *がっぷりと四つに組んで / Bobby Bland & B.B. King | トップページ | 2018/08/21 Tue *やることを、やろう / James Cotton Blues Band »