« 2018/08/23 Thu *自分を信じよう / The Pointer Sisters | トップページ | 2018/08/27 Mon *やっちまった / James Carr »

2018/08/26 Sun *なるようになるだろうと / Sly And The Family Stone

20180826anthology


どう考えても。
どう動いても。
まぁ、思うようには。
進まない。
ならない。

おおよそ。
世の物事など。
そんなもの。
頑張ろうが。
足掻こうが。

とどのつまりは。
なるようになる。
なるようにしかならない。
そんなもので。
そんなところ。

調子が良い時は。
そんなに長くは続かない。
足下で。
何かが崩れ落ちる。
その気配が漂っている。

明日のことなど。
それこそ一寸先など。
見えるなどと。
思わないに越したことはない。
そんなに上手くは運ばない。

だから。
そう思い極めて。
はしゃぎ過ぎず。
焦り過ぎず。
なるようになるだろうと、で調度いい。

『Anthology』'81年リリース。
スライ&ファミリー・ストーンの2枚組編集アルバム。
何故、この時期に編集、リリースされたのか。
結果的には大して話題にならなかったもののジョージ・クリントンとの共演。
そんな動きが話題になりかけていた時期だったと思われ。それに便乗したのかも。
スライも編集アルバムが何種類もリリースされていますが。アナログ盤としては。
否、総てのスライの編集アルバムの中でも。この2枚組が一番充実しているかな。
選曲されているナンバー。その年代に偏りはあるものの。それでも尚。
スライの何たるかを駆け足で知るには。その魅力に手っ取り早く浸るにはベストかと。
『Dance to the Music』から『Fresh』までのアルバムから選曲されていて。
中でも『Stand!』と『There's a Riot Goin' On』からのナンバーが大半を占めていて。
明るく、陽気に光り輝いていた絶頂期から、様々な葛藤や絶望の果てに。
静かな怒りの中に、穏やかな諦念を抱いてしまい。最前線からの撤退を予感させる。
そんな時代を華やかに彩り、鮮やか光芒を放ちながら駆け抜けていったスライの姿。
それがアルバム2枚に確かに捉えられていると感じさせてくれるアルバムなのです。
「Dance To The Music」「Stand!」「Everyday People」と希望と未来を謳い上げて。
一躍スターへと駆けあがっていくスライ。その航跡は今も眩い光を放っています。
そして。現実と直面し。変革しない社会、共感を生み出さない社会の現実に戸惑い。
更にはレコード会社からのプレッシャー、メンバー間の不和で疲弊していき。
「Family Affair」「Runnin' Away」と言った軽快なナンバーにも陰鬱な影が忍び寄ってと。
有り余る才能を有しながら。時代に、社会に蝕まれ急速に輝きを失ってしまった。
そんなスライの物語が凝縮されているのです。その中で2枚組の締めくくりに配置された。
「Que Sera, Que Sera, (Whatever Will Be, Will Be)」のその穏やかで優しい様。
それが。何かを諦め、失ったしまった姿による残滓だとしても。それもまたスライなのだとほっともするのです。

どんなに思っても。
どんなに考えても。
まぁ、思ったほどには。
返ってこない。
立ち上がらない。

おおよそ。
世の潮流など。
そんなところ。
頑張ってみても。
足掻いてみても。

つまるところは。
なるようになる。
なるようにしかならない。
そんなところで。
そんなもの。

流れに乗っている時は。
それほど長くは続かない。
足下で。
誰かが引っ張ろうと待ち構えている。
その息遣いが聞こえている。

未來のことなど。
それこそ一瞬先など。
手に出来たなどと。
思わないに越したことはない。
そんなに容易くは運ばない。

だから。
そう思い極めて。
はしゃぐのもほどほどで。
焦るのもそこそこで。
なるようになるだろうと、が調度いい。


どんなに。
正しいと思っても。
そいつが。
流れになったと。
そう思っても。

どんなに。
明るく思えても。
そいつが。
目標になったと。
そう思えても。

おおよそ。
世の物事など。
そう簡単に。
動きはしない。
変わりもしない。

おおよそ。
世の潮流など。
いとも簡単に。
曲がってしまう。
止まってしまう。

足下で。
何かが崩れ落ち。
誰かが待ち構えている。
その気配が。その息遣いが。
絶えることはない。

明日のことなど。
未來のことなど。
見えもしない。
手にも出来ない。
それが普遍の世の理。
それでも。
いつかはと。
きっとと思うなら。
なるようになるだろうと。
其を受け入れられるのが調度いい。

己を守るにはそれしかない。



web拍手 by FC2

|

« 2018/08/23 Thu *自分を信じよう / The Pointer Sisters | トップページ | 2018/08/27 Mon *やっちまった / James Carr »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/08/26 Sun *なるようになるだろうと / Sly And The Family Stone:

« 2018/08/23 Thu *自分を信じよう / The Pointer Sisters | トップページ | 2018/08/27 Mon *やっちまった / James Carr »