« 2018/08/28 Tue *やられちまった / Candi Staton | トップページ | 2018/08/30 Thu *言っておくれ / Joe Cocker »

2018/08/29 Wed *心、草臥れても / The Isley Brothers

20180829thisoldheartofminemonoorg


そうだな。
もう。
かなり。
たいがい。
心、草臥れて。

そうだな。
疲れて。
萎んで。
そんなに。
元気はないけれど。

それでも。
そう。
この瞬間は。
この時間は。
鼓動も早くなる。

その。
笑顔が。
その。
声が。
力をくれる。

そうなのさ。
もう。
随分と前から。
ここ心は。
あの娘には弱いのだ。

だから。
この瞬間を。
この時間を。
愛しむのだ。
心、草臥れても。

『This Old Heart Of Mine』'66年リリース。
ジャケットも魅力的なアイズレー・ブラザーズのアルバム。
'50年代からの長いキャリアを誇るアイズレー・ブラザーズ。
この時、既に十年選手だった筈で。つくづく息が長いなと。
そんなアイズレー・ブラザーズが兄弟三人のコーラス・グループだった時代に。
あのモータウンに移籍して。そしてモータウンでの初ヒットとなったのが。
かの名曲「This Old Heart Of Mine (Is Week For You)」で。それを受けて。
制作されたのがこのアルバムで、モータウンに遺された二枚の内の一枚ともなります。
「Shout」とか「Twist & Shout」とかヒットを放っていたものの。その後はやや低迷。
活路を求めてのモータウン移籍。しかし、その扱いは思い描いたものではなかった様で。
どんなベテラン、キャリアでも。自社のシステムに当てはめるモータウンですからね。
ホランド=ドジャー=ホランドらお抱え作家のナンバーを歌うこととなり。
なんとシュープリームスのカヴァーまでと。アルバム二枚で退社しているのも当然の流れ。
その黒さ、昂揚感。それが特徴のアイズレー・ブラザーズだけに。モータウンの戦略。
それが従来のR&Bやソウルからすると。如何にソフィスケイテッドされたものだったか。
それがハッキリとわかると言う。皮肉な効果を生んでいたりもします。
その中で。唯一、奇跡的にはまったのが「This Old Heart Of Mine (Is Week For You)」で。
モータウンならではのストリングスやアレンジ、それとアイズレー・ブラザーズの歌声。
その昂揚感と力強さ。そいつが見事に相乗効果を上げていて。稀代の名曲となったと。
少し草臥れた(?)男が、俺はお前に弱いのさ、と歌う。そんな歌詞の甘さも生きていて。
何せこの一曲でアイズレー・ブラザーズは'60年代を生き残ることに成功して。
曲そのものも。ソウル・クラシックとして。今でも様々に歌い継がれているのですからね。
'70年代以降のファンク路線が本領だとは思いますが。この一曲(とこのジャケット)は永遠に輝きを放つかな。

そうだな。
もう。
およそ。
ほぼほぼ。
心、草臥れて。

そうだな。
労して。
縮んで。
そんなに。
活力もないけれど。

それでも。
そう。
今だけは。
今、この時だけは。
鼓動も弾みだす。

その。
思いが。
その。
存在が。
力となってくれる。

そうなのさ。
もう。
随分と昔から。
ここ心は。
あの娘に敵わないのだ。

だから。
今が。
今、この時が。
愛しくて堪らないのだ。
心、草臥れても。

体も。
たいがい。
ボロボロで。
ガタがきて。
そんなもの。

瞬発力も。
持久力も。
そんな言葉の。
意味すら。
わからない程で。

そして。
そう。
心も。
疲れて。
萎んで。

体と同じ。
そう。
心も。
労して。
縮んで。

そうなのだ。
そんなに。
元気はないけれど。
そんなに。
活力もないけれど。

鼓動も早くなる。
力をくれる。
そんな。
存在が。
ある。いてくれる。

鼓動も弾みだす。
力となってくれる。
そんな。
思いが。
ある。感じられる。

だから。
あの娘に。
弱いのだ。敵わないのだ。
恋しているのだ。
心、草臥れても。



web拍手 by FC2

|

« 2018/08/28 Tue *やられちまった / Candi Staton | トップページ | 2018/08/30 Thu *言っておくれ / Joe Cocker »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/08/29 Wed *心、草臥れても / The Isley Brothers:

« 2018/08/28 Tue *やられちまった / Candi Staton | トップページ | 2018/08/30 Thu *言っておくれ / Joe Cocker »