« 2018/09/07 Fri *根っ子 / The Mighty Diamonds | トップページ | 2018/09/09 Sun *形など、形式など / Burning Spear »

2018/09/08 Sat *徒然なるままに / Jimmy Cliff

20180908followmymind


何だ。
かんだと。
少しばかり。
追われ気味の。
そんな日々の中で。

ふっと。
凪が訪れたかの様に。
忙中閑ありと。
その隙間に。
ふっと湧き上がる。

あんな思い。
こんな思い。
胸の内を。
頭の中を。
漂い始める。

追うとはなしに。
追いながら。
思いが巡っては。
また消えていく。
その後をフラフラと。

徒然なるままに。
時を。
日を。
ただ。
過ごしている。

こんな時間が。
こんな一日が。
心を亡くすのを妨げて。
いつかの。いつかの日の。
可能性へと変わる。

『Follow My Mind』'75年リリース。
ジミー・クリフのリプリーズ移籍第一弾となったアルバム。
この辺りから活動の拠点を米国へと移したことになるのかな。
この次のアルバムがかの『In Concert – The Best Of Jimmy Cliff』だったかと。
このアルバムはジャマイカ録音と、ロスアンゼルス録音からなっていて。
この構成が暫くジミーのスタジオ・アルバムの基本路線となった筈で。
それだけ、このアルバムの録音と制作が自信になった、心地よかったのかなと。
そう言いつつも。基本的に従来と大きく変わってはいあにのですけどね。
実に。こう、その飄々とした風で。弾む様に、囁く様に歌っていて。
そして。その中に。決して変わることの無い、揺らがない闘争精神みたいなものがあると。
その軸になるもののブレの無さ。それこそがジミーの本質であるのですよね。
そこを見失ったり、見損なったり、そこに触れようとしなくなると。
どうにもジミーのレゲエは、歌は軽すぎる、ポップにすぎる。もはやレゲエじゃないと。
勘違いも、見当違いも甚だしい批評が出てくるのですよね。まぁ、どこにも原理主義者。
そんな輩はいるので。ジミー自身も気にはしていないのでしょうけどね。
ルーツ・レゲエに根差した部分と、ソウルの影響を顕わにした部分と。そのバランスの良さ。
その片方、一方だけに寄りすぎない。その泰然自若とした身のこなし、それ故のしなやかさ。
だからこそ、その歌声に宿る何ものにも屈しない、属しない強さ。それがジミーの魅力です。
徒然なるままにではないですけれど。そんな柳に風な姿勢こそが。その実のところは。
大木よりも強く、倒れないのだと。そんなことを自然に教えてくれるジミーなのです。
ロスアンゼルス録音にはジェシ・エド・ディヴィスやジム・ケルトナーも参加していて。
そのレゲエ、ソウル、そしてロックまでもが自然に交わっていく様を耳にしていると。
これこそが。本当の意味でのクロス・オーヴァーな音楽かなとも思わされます。
「No Woman No Cry」のカヴァーの開かれた感じ。その飄々として、徒然な様に。
同じメッセージでも。伝え方は一つではないのだと。当たり前の事に改めて気づかされもするのです。

何だ。
かんだと。
思う以上に。
煽られ気味の。
そんな日々の中で。

ふっと。
目に飛び込んだかの様に。
忙中閑ありと。
その間隙に。
ふっと流れ来る。

あんな思い。
こんな思い。
胸の底で。
頭の奥で。
さ迷い始める。

つかずとも。
離れずに。
思いが回っては。
また帰ってくる。
その背をフラフラと。

徒然なるままに。
時を。
夜を。
ただ。
過ごしている。

こんな時間が。
こんな一夜が。
心が滅すのを妨げて。
いつかの。
いつの夜かの。可能性を再生する。

いま。
この時は。
誰かのことは。
忘れてしまおう。
思いの外に置いておこう。

いま。
この時は。
誰かのことも。
忘れてしまおう。
思いの外に置いていこう。

ただ。
凪の中で。
胸の内を。
頭の中を。
その思いを、その後を。

ただ。
目の中で。
胸の底の。
頭の奥の。
その思いの、その背を。

そうして。
ただ。
徒然なるままに。
時を。
日を過ごしてしまおう。

そうして。
ただ。
徒然なるままに。
時を。
夜を過ごしてしまおう。

心を亡くさずに。
心を滅ぼさずに。
いつかの。
いつかの日、いつかの夜の。
可能性に賭けるために。

徒然なるままに。



web拍手 by FC2

|

« 2018/09/07 Fri *根っ子 / The Mighty Diamonds | トップページ | 2018/09/09 Sun *形など、形式など / Burning Spear »

006 Raggae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/09/08 Sat *徒然なるままに / Jimmy Cliff:

« 2018/09/07 Fri *根っ子 / The Mighty Diamonds | トップページ | 2018/09/09 Sun *形など、形式など / Burning Spear »