« 2018/09/20 Thu *適用外 / Dr. Feelgood | トップページ | 2018/09/22 Sat *誰かの / Stiff Little Fingers »

2018/09/21 Fri *暗闇の中 / Tom Robinson Band

20180921powerinthedarkness


ふと。
気づいたら。
暗闇の中。
一人。
膝を抱えている。

少し混乱。
暫し不安。
敢えて。
目を閉じて。
更なる暗闇へと。

その中にも。
震えるものが。
鳴るものが。
あることを。
思い出したら。

一つ。
深呼吸して。
落ち着きを取り戻して。
その震動を。
その共鳴を。

己が。
力へと。
変換して。
暗闇の中から。
浮き上がる。

その時を。
待ち。
見定めて。
やがて。
その力を解き放つ。

『Power In The Darkness』'78年リリース。
握りしめられた拳が強い印象を残すトム・ロビンソン・バンドの1stアルバム。
自らゲイであることを公言していたトム。LGBT、移民、労働者などの。
立場の弱い、虐げられた人達への応援歌をストレートなサウンドに乗せて歌う。
その姿が共感を呼んで。パンクの嵐が吹き荒れる英国でもかなりの支持を読んだと。
四十年前の話ですからね。当時の英国は同性愛が違法だったのですからね。
逮捕される、刑罰を受ける。そんな危険を顧みずに立ち上がり、拳を突き上げたと。
このトムの勇気、男気。そんなものが表れた真っ直ぐで熱い歌声に惹かれます。
どのナンバーも。そんなトムの歌声、そこに込められたメッセージ。
そいつが真っ直ぐに伝わることを意識したのか。思わず一緒に歌いたくなる様な。
所謂、シンガロングなナンバーとなっているのがこのアルバムの特徴、魅力なのですが。
その代表たる「2-4-6-8 Motorway」は。英国盤には収められていなかったのですよね。
これ。シングル・ヒットはアルバムには収めないと言う英国の業界の伝統に則ったのか。
でも、「2-4-6-8 Motorway」がないと。これで気合いを入れないと始まらないので。
なので。A面頭に無理矢理「2-4-6-8 Motorway」をぶち込んだ日本盤で聴きたいかなと。
そして抑制された情念の蒼白い焔を揺らめかせながらあらゆるマイノリティに自由をと。
そう訴える「Power In The Darkness」で締めくくられるこのアルバム。
一貫して揺るがない。あらゆる者へ開かれ、受け容れる。寛容と共感と共闘の精神。
一人だと、独りだと。思い込み、沈み込んでしまっている、そんなあらゆる人々を勇気づけ。
手を取り、背中を押し、立ち上がらせ、浮かび上がらせる。そんな力がここにあるのです。
未だに差別や、排除、抑圧が。大っぴらに、そして巧妙に姿を変えながら蔓延る世界。
だからこそ。暗闇にいると思っても、感じられても。そこから声を上げる事。
その暗闇の中で立ち上がり、拳を握りしめ、そして突き上げる。そのことを忘れてはならないと思うのです。

ふと。
気づいたら。
暗闇の底。
一人。
立ち尽くしている。

少し慟哭。
暫し動悸。
敢えて。
目を瞑り。
一層の暗闇へと。

その中でも。
煌めくものが。
呼ぶものが。
あることが。
感じられたら。

一つ。
気合いを入れて。
勇気を取り返して。
その光跡を。
その言霊を。

己が。
力へと。
奪胎して。
暗闇の底から。
這い上がる。

その時を。
待ち。
見極めて。
やがて。
その力を昇り上がらせる。

何が。
あったから。
ではなく。
何も。
なくても。

ふと。
気づいたら。
暗闇の中。
そんな事。
それだけの事。

何が。
原因か。
そんな事など。
わかる筈もなく。
その必要もなく。

ただ。
いつの間にか。
暗闇の底。
そんな事。
それだけの事。

それを。
ただ。
恐れずに。
必要以上に。
怖がらずに。

少し。
間をとって。
気を落ち着けたら。
一呼吸入れて。
回りを感じて。

暗闇の中。
その中にも。
震動がと。共鳴がと。
光跡がと。言霊がと。
そう思えた時。

暗闇の中。
そこから。
浮き上がる。這い上がる。
解き放つ、昇上がらせる。
力を拳に込めて突き上げよう。



web拍手 by FC2

|

« 2018/09/20 Thu *適用外 / Dr. Feelgood | トップページ | 2018/09/22 Sat *誰かの / Stiff Little Fingers »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/09/21 Fri *暗闇の中 / Tom Robinson Band:

« 2018/09/20 Thu *適用外 / Dr. Feelgood | トップページ | 2018/09/22 Sat *誰かの / Stiff Little Fingers »