« 2018/10/09 Tue *過ぎゆくままに / Van Morrison | トップページ | 2018/10/11 Thu *スクラム / Humble Pie »

2018/10/10 Wed *のどかに / Ronnie Lane & The Band Slim Chance

20181010anymoreforanymore


のどかに。
行こうよ。
それも。
また。
いいかもよ。

どうしても。
色々と。
自然と。
早足に。
なってしまうけど。

前を向いて。
一目散。
そいつも。
悪くはないし。
必要な時もあるけれど。

そんなに。
焦って。
何処へ行くの。
そう訊かれたら。
案外に答えられなくて。

あれ。
何で。
こんなに。
駆け出そうとばかりに。
なっていたのかと。

少し。
落ち着いて。
一息ついて。
のどかに。
そいつを取り戻してみよう。

『Anymore For Anymore』'74年リリース。
電撃的にフェイセスを脱退したロニー・レーン。
自らのバンドスリム・チャンスを率いての1stアルバム。
フェイセスがロッド・スチュワートのバック・バンド扱いされるのが嫌だったとか。
酒と女と旅から旅へのロックンロール・ライフに疲れ切ったとか。
フェイセス脱退の理由は色々と言われていますが。まぁ、要はのんびり生きたくなったと。
尤も。世界で一番酒量の多いロックンロール・バンド、フェイセスの中でも。
一番の、飛びっきりの大酒飲みは当のロニー、その人であったのですけどね。
兎にも角にも。農場に引っ込んで。ライフ・スタイルも一変させてと。
そんなロニーの思いが伝わってくる。実にほのぼのとしてしまう穏やかで長閑なアルバム。
この一面はフェイセス時代から垣間見せていたのですが。それを全面に打ち出したと。
一言で言ってしまえば。米国南部への憧憬を臆面もなく顕わにした英国人の音楽かな。
そのあまりの素直さ、純朴さに。思わず微笑が毀れてしまうのですよね。
アコギとリズム隊をベースに。ピアノだったり、バンジョーだったり、サックスが加わって。
土と干し草と、そして陽光の匂いがするかのサウンドが生み出されていて。
そして、ロニーの歌声が。それを胸いっぱいに吸い込んで満喫しているかの様でもあって。
そののんびり、ゆったりと。そして楽しくて堪らないといった歌声が沁みるのですね。
そして楽曲の良さも特筆もので。フェイセスのナンバーの再演、「Tell Everyone」とか。
タイトル・ナンバーの「Anymore for Anymore」とか。どれも素晴らしいのですが。
白眉は「The Poacher」で。ロニー自身も、自らの最高傑作と語っていたとか。
そこに聴かれるポップなセンス。そこにはモッズの顔役であったロニーの小粋なセンス。
そいつが存分に発揮されていて。それが穏やかで長閑でも。決して野暮ったくならない。
このアルバムを輝かせている核にもなっているかなと。何とも惹かれてしまうのです・・・

のどかに。
生きようよ。
それも。
また。
悪くないかもよ。

どうしても。
総てに。
自然と。
必死に。
なってしまうけど。

脇目も振らずに。
一直線。
そいつも。
いいだろうし。
必要な事ではあるけれど。

そんなに。
力んで。
どう生きたいのか。
そう訊かれたら。
案外に答えられなくて。

あれ。
何で。
こんなに。
あれもこれもとばかりに。
やっていたのかと。

少し。
肩の力を抜いて。
一息入れて。
のどかに。
そいつを手にしてみよう。

幹線道路だけが。
道でもない。
偶には。
脇道へと。
迂回してみよう。

真ん中だけに。
執着せずに。
偶には。
端っこを。
走ってみよう。

全速力だけが。
能でもない。
偶には。
速度を。
落としてみよう。

足早に。
前を向いて。
一目散。
それでは。
見えないものもある。

必死に。
脇目も振らずに。
一直線。
それでは。
わからないものもある。

自然だと。
思っていたものが。
その実は自然ではなく。
必要も、必死も。
その実は必ずしもではなく。

まぁ。
取り敢えず。
答えが見つかるまでは。
のどかに。
そいつでやってみよう・・・



web拍手 by FC2

|

« 2018/10/09 Tue *過ぎゆくままに / Van Morrison | トップページ | 2018/10/11 Thu *スクラム / Humble Pie »

001 British Rock」カテゴリの記事

010 Faces」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/67265371

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/10/10 Wed *のどかに / Ronnie Lane & The Band Slim Chance:

« 2018/10/09 Tue *過ぎゆくままに / Van Morrison | トップページ | 2018/10/11 Thu *スクラム / Humble Pie »