« 2018/10/15 Mon *ならず者よ / The Rolling Stones | トップページ | 2018/10/17 Wed *秘密の言葉たち / Billy Preston »

2018/10/16 Tue *生きているその証 / Tower Of Power

20181016liveandinlivingcolor


何をもって。
自分は。
生きていると。
その証と。
してみせるのか。

まさか。
息をしているから。
それで。
それだけで。
生きていると。

満足しているのか。
否、勿論。
それは。
それも。
間違いとは言わないが。

何だろう。
これがあるから。
だから。
生きているのだと。
実感できるもの。

赤い血が流れる。
熱い思いが湧き上がる。
その瞬間。
そいつがあるから。
その為にと。

例えば。
挑むこと。
その意思があるからこそ。
それを実行しようとするからこそ。
生きている証なのではないかと。

『Live And In Living Color』'76年リリース。
ベイ・エリア・ファンクの雄、タワー・オブ・パワー。
燃え滾る血の様な、その赤いジャケットも印象的な初めてのライヴ・アルバム。
メンバー・チェンジを繰り返しながら今も活動を続けているタワー・オブ・パワー。
もう今が所謂、第何期に該当するのかも判然としませんし。
在籍していたメンバーの数も数えきれないほどになってしまっていますが。
その最盛期は。このアルバムに捉えられた熱いファンクのグルーヴをブッ放していた。
このワーナー時代ではなかったかなと。それ程にこのアルバムは凄まじいなと。
ロッコ・プレスティアとデヴィッド・ガリバルディの強靭なリズム隊。
その熱く、激しく、太く弾むグルーヴ。そこに黒くソウルフルなヴォーカルが絡みつく。
もう、それだけで。背筋が奮える程にゾクゾクする。そんな魅力に溢れていますが。
更には、何と言っても。エミリオ・カスティーヨが率いる五管のホーン・セクション。
その分厚くも、切れ味鋭い響きが加わるのですから。もはや無敵と言うか、反則と言うか。
何でも。非黒人のメンバーが主体であるが故に。ファンクと見なされないと言うか。
ジェームス・ブラウンの、JBズの単なる物真似だと言う批判を受けたこともある様ですが。
何とも馬鹿馬鹿しいと言うか。別に肌の色でファンクをやれる訳でもあるまいしと。
代表作である「What Is Hip ?」や。B面を丸々占めている「Knock Yourself Out」などを。
耳にしたら、そのうねり、そのグルーヴを浴びて。それでもファンクじゃないと言えるかと。
そんな輩は、きっとこのアルバムを聴いても。腰にもこないのだろうなと。悲しいかな。
うねりを吹き上げる、トランペットやサックスのソロ。ファンク以外の何だと言うのか。
そしてまたこの時期は。チェスター・トンプソンのオルガン・ソロも格別で。
リズム隊、ヴォーカル、ホーン・セクション、キーボードが一体となってうねる様は圧巻で。
それこそ。血が滾る思いがして。やっぱり熱い、渦巻く様な、そんなものがあってこそ。
そんな風に、燃え上がる思いがあってこそ。生きているってことだよなと感じたりもしてしまうのです・・・!

何があって。
自分は。
生きていると。
その証と。
して誇れるのか。

まさか。
心臓が動いているから。
それで。
それだけで。
生きていると。

充足しているのか。
否、勿論。
それは。
それも。
答えじゃないとは言わないが。

何だろう。
これをもってして。
だから。
生きているのだと。
矜持とできるもの。

流れる赤い血が。
滾るほどの熱い思い。
その刹那。
そいつをもってして。
それ故にと。

例えば。
戦うこと。
その意思があるからこそ。
先へ、前へ進もうとするからこそ。
生きている証なのではないかと。

挑まずに。
いつも。
同じことを。
ただ。
繰り返すだけなんて。

戦わずに。
いつも。
同じところを。
ただ。
巡っているだけなんて。

ましてや。
挑む前から。
戦う前から。
言い訳を考えて。
それを思いもしないなんて。

リスクを。
取らないことが。
再興のリスクヘッジ。
それでは。
生きている証など。

いつまで経っても。
どこへ行っても。
この手になど。
出来はしないだろう。
それこそリスクそのものだと。

警戒しつつ。
怯えつつ。
それでも。
突き動かされて。
挑み、戦う。

流れる赤い血が。
滾るほどの熱い思い。
それを感じて。
楽しくて笑みが毀れる。
それこそが、己の生きているその証なのだ・・・!



web拍手 by FC2

|

« 2018/10/15 Mon *ならず者よ / The Rolling Stones | トップページ | 2018/10/17 Wed *秘密の言葉たち / Billy Preston »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/10/16 Tue *生きているその証 / Tower Of Power:

« 2018/10/15 Mon *ならず者よ / The Rolling Stones | トップページ | 2018/10/17 Wed *秘密の言葉たち / Billy Preston »