« 2018/12/13 Thu *肖像など / 沢田研二 | トップページ | 2018/12/15 Sat *一撃、一音 / Jeff Beck »

2018/12/14 Fri *おせっかいだと / Henry McCullough

20181214mindyourownbusiness


おせっかいだと。
そう言いたいのだろう。
自分の仕事に。
集中しろと。
放っておいてくれと。

悪いけど。
この、おせっかいが。
それこそが。
俺の仕事。
そう言うことなのだ。

だから。
煩かろうが。
どうだろうが。
おせっかいは続くから。
覚悟を決めて。

これからも。
当分の間は。
お付き合い願おうか。
それが嫌だと言うのなら。
さっさと独り立ち。

そいつが。
認められるだけの。
その証を立てること。
その為に。
必要なあれや、これやを。

そのヒントを。
あれも、これもと。
示してみせる。
そんな、おせっかい。
これでもかと。

『Mind Your Own Business !』'75年リリース。
北アイルランド出身のギタリスト、ヘンリー・マッカロウ。
グリース・バンド、そしてウィングスのメンバーとしても知られるヘンリー。
その初めてのソロ・アルバムにして、代表作として知られるアルバムでもあります。
ウィングスを離脱したヘンリーが所属したのはダーク・ホース・レコードで。
言わば、ポールの下からジョージの下へと移籍した形なのかな・・・違うか。
ウィングスの「My Love」の、あの印象的なギター・ソロで知られたヘンリー。
ウィングスを辞めたのは、『Band On The Run』のレコーディングに際して。
あるナンバーのギター・ソロを巡ってポールと対立したのが原因だとも言われていて。
例えポールが相手でも。ギターに関しては一歩も譲らない職人肌のギタリストだったか。
そこらは。アルバム・タイトルにも表れているのかな。まぁ、それだけの矜持があったと。
そんなヘンリーが目指し、憧れたのは米国南部で。それはジャケットに表れていると。
グリース・バンド時代の盟友達を中心としたメンバーの協力を得て。
何とも、いい塩梅のブリティッシュ・スワンプなロックを奏でて、歌っています。
そのギターの、弾き過ぎない、出しゃばり過ぎない。その匙加減が実に絶妙で。
足し算ではなくて、引き算のギター、その美学が何ともいい感じで心地良いのです。
朴訥とした歌声は、ヘタウマな味わいが滲み出ていて。これまた何ともねと。
派手さも、華やかさも無いのですが。それらを必要としない艶の様なものはあるかなと。
このスタイルを貫くのには。やはりそれなりの矜持、そして覚悟もあった筈で。
そこらの熱い思いからの意見、物言いがポールにはおせっかいだったのかなとも。
まぁ、ポールは何でも自分一人で出来ちゃうからなぁ。助言とか求めていないだろうし。
この味わい、この世界。そうだなぁ、ポールとは相容れなかったかな。でも、それでいいのだと思うかな。

おせっかいだと。
そう思っているのだろう。
自分の仕事に。
集中しろと。
構わないでほしいと。

申し訳ないけど。
この、おせっかいが。
それこそが。
俺の任務。
そう言うことなのだ。

だから。
面倒だろうが。
どうだろうが。
おせっかいは止まないから。
諦念を抱いて。

これからも。
暫くの間は。
お付き合い頂こうか。
それが嫌だと言うのなら。
さっさと卒業。

そいつが。
許されるだけの。
その証を見せること。
その為に。
必要ななにか、そいつの。

そのチャンスを。
何度も、何度でも。
ぶら下げてみせる。
そんな、おせっかい。
いつまでもと。

そうさ。
早く。
独り立ち。
してもらわないと。
困るのだな。

そうさ。
さっさと。
卒業。
してくれないと。
困るのだな。

だから。
あれも。
これも。
ヒントは総て。
示してみせよう。

だから。
何度も。
何度でも。
チャンスは繰り返し。
ぶら下げてみせよう。

それが。
おせっかいだと。
言われようが。
思われようが。
構いはしない。

これが。
俺の仕事。
俺の任務。
悪いけど。
申し訳ないけど。

おせっかいだと。
本当にその通り。
でも、まぁ。
一人ぐらいは。
そんなのがいてもいいだろう・・・うざいけど(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2018/12/13 Thu *肖像など / 沢田研二 | トップページ | 2018/12/15 Sat *一撃、一音 / Jeff Beck »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018/12/14 Fri *おせっかいだと / Henry McCullough:

« 2018/12/13 Thu *肖像など / 沢田研二 | トップページ | 2018/12/15 Sat *一撃、一音 / Jeff Beck »