« 2019/01/06 Sun *訊いてみよう / Rufus | トップページ | 2019/01/08 Tue *流れているもの / Curtis Mayfield »

2019/01/07 Mon *立て直し / The Meters

20190107cabbagealley


どうやら。
ここらで。
思考を変えて。
リセットして。
立て直し。

そんな。
風向きかなと。
どうにも。
そいつは。
似つかない。

さっさと。
前へ、前へと。
そんなのが。
本来だと。
そうではあるが。

いつの間にか。
存外に。
引き摺ってもいた様で。
ならば。
一息ついて。

見直して。
考え直して。
改めて。
立て直し。
そいつもいいかと。

それに。そう。
立て直し。
そうなれば。
一度は総てを。
更地に出来るしと。

『Cabbage Alley』'72年リリース。
何故、キャベツ?そんなミーターズの4枚目となるアルバム。
ジョシーの倒産によりリプリーズに移籍して初めてのアルバムでもあります。
結果としてメジャーに移籍したからではないとは思いますが。
大きく、その作風を変えて。いよいよロックのフィールドにも打って出たと。
後に正式にメンバーとなるシリル・ネヴィルがゲスト参加して5人編成となり。
アート・ネヴィルがリード・ヴォーカルを務める歌モノの比重が高くなりと。
勿論、基本は従来通りのニューオーリンズ・ファンクではあるものの。
シリルのコンガや、明らかにジミヘンを意識したかのギターが随所に聴かれて。
ファンクやR&Bに、深く馴染みがなくても親しみやすくなっているかなと。
特にA面頭の「You've Got To Change(You've Got To Reform)」「Stay Away」の連打。
この辺りはブラック・ロックとも呼べる様な。ファンカデリックにも通じるし。
例えばレッド・ツェッペリン、特にジョン・ボーナムへの影響もよくわかるかな。
ある種、洗練されて。音も重ねられて。その厚みが何ともカッコ良くて。
変化を試みたミーターズの、その幅が広がった魅力が十分に伝わってくるのです。
一方で、「Do The Dirt」「Gettin' Funkier All The Time」などは。変わらないミーターズ。
音はスカスカなのに、何故か重量級にうねって、跳ねるグルーヴが何ともご機嫌で。
この強靭で柔軟なリズム、ビート。そんな土台あってこそのミーターズなのだと。
そんな当たり前のことを感じさせられもします。そう土台がしっかりしているから。
だからこそ。上物の変化にも対応が出来るのだと。そこが強いところなのですよね。
アートの無骨で男臭い歌声の魅力はやはりこのアルバムから開花したと思われて。
「Birds」などはなかなかのものなのですが。ニール・ヤングのナンバーを選んだのは。
やはりレーベル・メイトになった記念みたいな意味合いもあったのかなと。
余談ですが。ボブ・ディランとはまた違った意味で。ニールのナンバーと言うのも。
他のアーティストが歌うことによって、その良さが伝わるところもあるのですよね。

どうやら。
こいつは。
指向も変えて。
リセットして。
立て直し。

そんな。
潮目かなと。
どうにも。
そいつは。
好きではない。

さっさと。
狙って、定めてと。
そんなのが。
原則だと。
そうではあるが。

いつの間にか。
望外に。
囚われ過ぎてもいた様で。
ならば。
一息ついて。

見直して。
やりなおして。
一から。
立て直し。
そいつもいいかと。

それに。そう。
立て直し。
そうであれば。
一度は総てを。
振り出しに戻せるしと。

そうだよな。
どうしても。
否が応でも。
時の流れとか。
そんなもの。

いくら。
頑張ってみたところで。
微塵も影響を受けない。
そんなわけもない。
そうはいきもしない。

ならば。
肩肘張って。
意固地になり過ぎて。
そんなところは。
変えてもいいだろうと。

それに。
実のところ。
更地にとか。
振り出しにとか。
そんなものが。

意外に。
悪くは無いと言うか。
実のところ。
結構。
好きだったりもするし。

要は。
嗜好に。
志向と。
そんな土台が。
揺らがなければいいだけで。

ここらで。
リセット。
立て直し。
そいつは。
やってみる価値はあるのだろう。



web拍手 by FC2

|

« 2019/01/06 Sun *訊いてみよう / Rufus | トップページ | 2019/01/08 Tue *流れているもの / Curtis Mayfield »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019/01/07 Mon *立て直し / The Meters:

« 2019/01/06 Sun *訊いてみよう / Rufus | トップページ | 2019/01/08 Tue *流れているもの / Curtis Mayfield »