« 2019/01/28 Mon *誰が為に、何の為に / Nick Lowe | トップページ | 2019/01/30 Wed *天使は・・・ / Blondie »

2019/01/29 Tue *俺だって / Pearl Harbour

20190129dontfollowmeimlosttoo


探すなよ。
ついてくるなよ。
面倒だし。
鬱陶しいし。
何よりも・・・

自分の。
行き先なんて。
自分で決めろよ。
行きたいところの。
一つや二つ。

誰にだって。
あるだろうし。
思い当たらないなら。
いまからでも。
遅くはないだろう。

そいつは。
きっと。
他の誰でもない。
あんただけの場所。
そんなものさ。

だから。
探すなよ。
ついてくるなよ。
俺のことは。
放っておいてくれないか。

万に一つ。
きっかけにはなっても。
所詮は似て非なるだし。
それに。
何よりも・・・

『Don't Follow Me, I'm Lost Too』'80年リリース。
米国のロックンロール姉ちゃん、パール・ハーバーのアルバム。
米国で、この芸名と言うのが。何とも根性あるなと言うところですが。
しかもカヴァーではあるものの代表作が「Fujiyama Mama」ですからね。
この頃、あのクラッシュのポール・シムノンと付き合っていたか、結婚していたか。
その縁で、クラッシュの来日公演にも同行して「Fujiyama Mama」を歌っていて。
確か、NHKでも放送されていたと記憶しています。凄い姉ちゃんだなと。
で、このアルバムもクレジットされてはいませんがバックはクラッシュだったりもして。
ジョー・ストラマーは不参加なのかな。でもウィルコ・ジョンソンも参加していて。
何曲かで、あの独特のギターが聴けるのは嬉しい限りだったりもします。
さてと。ヴィンテージな感じを意図的に演出したと思われるジャケとからも分かる様に。
ロカビリーとか、あの辺(どの辺?)を意識した軽快なナンバーがなかなかご機嫌で。
バラードなんかも、それこそフレアスカートが広がりそうな感じ?かなとか。
ジャケットはねぇ、ヘレン・メリルとかを思わせもするのですが。まぁ、要は。
あの時代、'50年代へのオマージュをモチーフにしたアルバム、活動だったのですかね。
歌声を聴いていると。結構本格的と言うか、R&Bからの影響も感じるのですが。
このアルバムでの、語尾を上げる歌い方。ヒーカップ唱法と言うのかな。これは明らかに。
ロカビリーを意識して取り入れたのだろうなと。この頃、ネオロカとか流行っていたし。
蓮っ葉で、可愛くて。でもどこかドスが効いてもいてと。小粋でカッコイイなと。
ただ、率いていたバンドがニュー・ウェーブ扱いされて。あっという間に消えたりもして。
なんだか結局は、時代に翻弄されて徒花になってしまった感もあって。パール・ハーバー・・・
本名?パール・E・ゲイツの本当にやりたかった、歌いたかったところは何処だったかなと。

探すなよ。
ついてくるなよ。
ややこしいし。
煩いし。
何よりも・・・

自分の。
求めるものなんて。
自分で決めろよ。
欲しいものの。
一つや二つ。

誰にだって。
あるだろうし。
思い浮かばないなら。
今更だなんて。
言い訳に過ぎないだろう。

そいつは。
きっと。
他の誰でもない。
あんただけの宝物。
そんなものさ。

だから。
探すなよ。
ついてくるなよ。
俺のことは。
関わらないでくれないか。

万に一つ。
気づきにはなっても。
所詮は擬きにだし。
それに。
何よりも・・・

そうさ。
行き先なんて。
行きたい処なんて。
一つや二つ。
ある筈さ。

たぶん。
きっと。
あるのだと。
そう思う。
そう信じている。

そうさ。
求めるものなんて。
欲しいものなんて。
一つや二つ。
ある筈さ。

たぶん。
きっと。
あるのだと。
そう思おう。
そう信じよう。

だから。
探すなよ。
ついてくるなよ。
俺は俺の。
道を行くのだから。


だから。
探すなよ。
ついてくるなよ。
俺は俺の。
やり方でやるのだから。

何よりも・・・
俺だけの場所。
俺だけの宝物。
俺だって。
見失ったままなのだから・・・



web拍手 by FC2

|

« 2019/01/28 Mon *誰が為に、何の為に / Nick Lowe | トップページ | 2019/01/30 Wed *天使は・・・ / Blondie »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019/01/29 Tue *俺だって / Pearl Harbour:

« 2019/01/28 Mon *誰が為に、何の為に / Nick Lowe | トップページ | 2019/01/30 Wed *天使は・・・ / Blondie »