« 2019/02/23 Sat *その娘は誰? / The Isley Brothers | トップページ | 2019/02/25 Mon *そんな素振りで / Captain Beefheart And His Magic Band »

2019/02/24 Sun *煮詰めるのか、澄ますのか / The Doors

20190224thesoftparadeukorg


さてと。
この素材を。
どうするか。
どう調理して。
どう仕上げるのか。

煮詰めるのか。
澄ますのか。
その分岐は。
いつ訪れて。
どう判断するのか。

素材はある。
時間はない。
それがどうした。
諦めるには。
未だ早いだろう。

止める。
棄てる。
そいつは簡単。
いつでもできる。
その前に。

欲張りすぎた。
素材を前に。
その実、呆然と。
それでも。
足掻いてみせるのだ。

煮詰めるのか。
澄ますのか。
どちらへ進むのか。
見えてくるまで。
やり続けるしかないのだ。

『The Soft Parade』'69年リリース。
ザ・ドアーズの4枚目にして、駄作と揶揄されることの多いアルバム。
従来使用してこなかったホーンやストリングスの多用。キャッチーなナンバーが多い。
まぁ、おおむねそう言ったところが低評価の原因なのだろうなとは思われます。
う~ん。別にサウンドが変化しようが、よりキャッチーになろうが。それはいいだろうと。
今までと違うから好きじゃないなどと言う感性の持主にはドアーズは聴けないだろうと。
ただ。ではこのアルバム。ドアーズのアルバムとしてどうなのかと問われれば。
(ジム・モリソン在籍時の)ドアーズの総てのアルバムの中では一段階落ちるかなとは。
何故か。ジムの迷い。それがそのまま出てしまった。ジムの輪郭がぼんやりとしたままかな。
一気にスターダムにのし上がったことへの戸惑い。求められるイメージとの葛藤。
それらのストレスが暴発したかのマイアミ事件に端を発する権力との不毛な闘争などなど。
ジムが相当に疲弊し、消耗していたのは想像に難くなく。その状態で制作に取り組んで。
結果として。以前の様にはアイデアを膨らませることも、展開させることも出来なくなった。
そんなところではなかったかと。素材をどう調理するのか、その苦闘の過程が出てしまった。
そう言ってみれば、調理の過程や、痕跡がそのままに出されてしまったものもあるのです。
どうしたかったのか、どっちへ行きたかったのか、何処へ行きたかったのか。曖昧なまま。
それを目の前に出されてもと。特に長尺の「The Soft Parade」は冗長に過ぎたか。
でも。それでもドアーズで。その苦闘、苦悩の狭間に、聴く者を惹きつけるものがあって。
その煌めきの欠片を追うだけでも。実はそれなりにスリリングだったりはするのです。
そう。安易に諦めず。お茶を濁さず。諦めずにもがき、足掻いたその姿に魅せられるかな。
だからこそロビー・クリューガーのセンスが爆発した、永遠に色褪せない珠玉の一曲が。
そう、一際キャッチーでポップな「Touch Me」が高らかに鳴り響いているのです。

さてと。
この素材は。
どうなるか。
どう味付けして。
どう提供するのか。

煮詰めるのか。
澄ますのか。
その境界は。
いつ表れて。
どう決断するのか。

素材は豊富。
時間が足りない。
それがどうした。
音を上げるには。
未だ早すぎるだろう。

諦める。
放り出す。
そいつは楽だが。
安易にすぎる。
その前に。

贅沢にすぎた。
素材を前に。
その実、唖然と。
それでも。
藻掻いてみせるのだ。

煮詰めるのか。
澄ますのか。
どちらへ舵を切るのか。
感じられるまで。
やり続けるしかないのだ。

出来上がりは。
いつも。
いつでも。
必ずは。
上等とはいかない。

仕上がりは。
いつも。
いつでも。
間違いなく。
万全ともいかない。

それでも。
それを目指して。
そこを目指して。
素材と。
格闘するのだ。

それでも。
なんとかなると。
なんとかすると。
調理を。
試行錯誤するのだ。

諦めずに。
値を上げずに。
足掻いてこそ。
藻掻いてこそ。
見えてくる、見せられるものもあるのだ。

簡単でないから。
楽でないから。
いつでもと。
安易にはいかないから。
聞こえてくる、聞かせられるものもあるのだ。

煮詰めるのか。
澄ますのか。
この流れが。
この行進が。
どっちへ、何処へ行こうとも、である。



web拍手 by FC2

|

« 2019/02/23 Sat *その娘は誰? / The Isley Brothers | トップページ | 2019/02/25 Mon *そんな素振りで / Captain Beefheart And His Magic Band »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019/02/24 Sun *煮詰めるのか、澄ますのか / The Doors:

« 2019/02/23 Sat *その娘は誰? / The Isley Brothers | トップページ | 2019/02/25 Mon *そんな素振りで / Captain Beefheart And His Magic Band »