« 2019/03/10 Sun *朝な、夕な / Elmore James, Eddie Taylor & Jimmy Reed | トップページ | 2019/03/12 Tue *外れた貴方 / Bootsy's Rubber Band »

2019/03/11 Mon *押し戻せ / Nina Simone

20190311singstheblues


揺すり。
戻せ。
今なら。
未だ間に合うかも。
押し戻せ。

確かに。
風向きは。
逆風で。
逆らうのにも。
疲れてもきたが。

その。
目を背けたくもなる。
先に、向こうに。
その背中が。
未だ見え隠れしている。

今なら。
諦めずに。
その背中に。
呼びかければ。
何とか繋ぎとめられる。

微かな。
可能性だとしても。
諦めきれない。
そんな気持ちが。
少しでもあるのなら。

行くなと。
声にして。
この風向きに逆らって。
流れを変えよう。
押し戻せ。

『Sings The Blues』'67年リリース。
その凛とした力強い眼差しも印象的なニーナ・シモンのアルバム。
RCA移籍第一弾となり、通算では(恐らくは)二十枚目くらいのアルバムになるのかな。
ジャンルを超越し、幅広く精力的な活動を続けていたニーナです。
公民権運動へ積極的に関与した市民活動家でもあって。メッセージを歌に込めることも。
このアルバムでも、「Backlash Blues」で公民権運動の拡がりに対する白人の反発を。
それにより激化する差別、弾圧を歌い。その流れを揺すり、戻そうと語りかけているのです。
ニーナの深く、そして真っ直ぐな歌声は聴く者の胸に波紋を起こすもので。
時に、思わず。その波立つものから目を逸らしたくなるのですが。それを許さない力。
そんなものがニーナの歌声には宿っていて。それがニーナの魅力となっているのです。
さて。アルバム・タイトルから察するに。ニーナがブルースを歌うと言う企画盤にも思われ。
エリック・ゲイルやバーナード・パーディ等の演奏は明らかにその意図のもとにあり。
ニーナの歌声、唱法もそれを意識しているのですが。やっぱり根っ子はジャズなのだなと。
それはけしてニーナがブルースを歌えてないとか、ジャズの枠に囚われているとかでなく。
ブルースに染まらない、ブルースにも囚われない。そんなニーナの歌声、その存在感。
そこにニーナの、ニーナならではのジャズを感じると。そしてその力強さは外に向いていて。
その開かれている、開いていく様こそがニーナのメッセージを伝えてくれるのだと。
何だろうな。敢えて自らに枷を課しながら。それをものともしない奔放さで溢れ出ていく。
そうまでして、歌いたい、伝えたい。そんな意思の強さが真正面から向かってくるのです。
例えば「My Man's Gone Now」の胸に迫る、募る情感。そんなものと向き合わされるもの。
そんな有無をも言わせないものが、それこそがニーナのブルースだとするならば。
企画、意図は達成されていたとも言えるかな。そしてその有無をも言わせないもので。
諦めずに、揺すり、戻そうと。流れを変えよう、押し戻そうと同胞に有形無形の力を与えているのです。

揺すり。
戻せ。
今なら。
未だ手遅れではないかも。
押し戻せ。

確かに。
黒雲が。
立ち込めて。
一筋の光明を探すのも。
疲れてもきたが。

その。
蹲ってしまいたくなる。
前に、向こうに。
その兆しが。
未だ感じられるのなら。

今なら。
諦めずに。
その兆しに。
触れられれば。
何とか脱け出せる。

僅かな。
希望に過ぎないとしても。
棄ててはならない。
そんな思いが。
少しでも残っているのなら。

晴れろと。
声にして。
この黒雲を払って。
流れを変えよう。
押し戻せ。

どんなに。
状況が。
悪くても。
そのままに。
流されてしまいそうでも。

どんなに。
環境が。
酷くても。
そのままで。
潰されてしまいそうでも。

微かでいい。
諦められない。
そんな。
気持ちがあるのなら。
声にしよう。立ち上がろう。

僅かでいい。
棄てられない。
そんな。
思いがあるのなら。
声にしよう。立ち向かおう。

目を背けず。
諦めず。
風向きに逆らって。
流れを変えよう。
押し戻せ。

蹲らず。
諦めず。
黒雲を払って。
流れを変えよう。
押し戻せ。

揺すり。
戻せ。
間に合う筈だ。
手遅れなどではない。
押しも戻せ。



web拍手 by FC2

|

« 2019/03/10 Sun *朝な、夕な / Elmore James, Eddie Taylor & Jimmy Reed | トップページ | 2019/03/12 Tue *外れた貴方 / Bootsy's Rubber Band »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019/03/11 Mon *押し戻せ / Nina Simone:

« 2019/03/10 Sun *朝な、夕な / Elmore James, Eddie Taylor & Jimmy Reed | トップページ | 2019/03/12 Tue *外れた貴方 / Bootsy's Rubber Band »