カテゴリー「008 The Rolling Stones」の記事

2018/01/11 Thu *道標、一里塚 / The Rolling Stones

20180111milestonesukorg


いま。
いったい。
何処まで。
来ているのか。
そいつを知りたくて。

転がりながらも。
ふと。
振り返り。
己の位置を確認する。
どのくらいと。

もう。
随分と前に。
転がり始めた様な。
否。
ついこの間か。

兎に角。
此処は何処で。
この道程の。
どのあたりまで。
来られたのかと。

道標。
一里塚。
そいつを。
幾つ。
通り過ぎてきたのかと。

そいつを。
確かめて。
刻んで。
そうして。
また一歩先へと。

『Milestones』'71年リリース。
英国デッカ編集によるローリング・ストーンズの編集アルバム。
ローリング・ストーンズ・レコードが設立された後も。
音源の権利を所有していたデッカ。何かと便乗した編集アルバムを乱発。
このアルバムも、そんなアルバムの中の一枚で。音源的な価値は殆ど無いかな。
当然、メンバーの意思は一切反映されていないので。何とも微妙ではありますが。
見捨てられた(?)デッカとしては。意趣返しと言うか、何と言うか。
手を変え、品を変えて。何とか売れるうちに売ってしまおうと言う。商魂の逞しさ。
新たなスタートを切ったストーンズの。そこに至る道程、その道標を手っ取り早くと。
そんなストーンズ初心者を狙ったかのアルバム・タイトル、そして選曲でもあります。
1stに収録されていた「I Just Want To Make Love To You」もあれば。
『Beggars Banquet』に収録されていた「Stray Cat Blues」もあって。
「(I Can't Get No) Satisfaction」「Get Off Of My Cloud」とヒット曲も収録していると。
ジャケットはごらんの様にミックが独り占めしていますが。
裏ジャケはキース、ブライアン、チャーリー、ビルの四人が載っていて。
まぁ、ミック・テイラー加入前のストーンズの歩みを大まかに凝縮したってことなのかなと。
「Not Fade Away」とか「She Said “Yeah”」と言った初期の渋いナンバーもあれば。
「She's A Rainbow」とか「Yesterday's Paper」と言った道草を食っていたナンバーもと。
デッカへの在籍期間は約8年。その間に結構色々とやっていたのだなとは感じられるかな。
進化し、また深化もし続けていたストーンズ。その間には変化も当然あったのだなと。
言ってしまえば。所詮は寄せ集めにしか過ぎないアルバムではありますが。
そんなアルバムでも。それなりの楽しみ方はあるのだなと教えられもするのです。

いま。
いったい。
何処まで。
来たのかと。
そいつを知りたくて。

転がりながらも。
ふと。
先を眺めて。
己の位置を確認する。
どのくらいと。

もう。
随分と長いこと。
転がり続けている様な。
否。
それ程でもか。

兎に角。
此処は何処で。
この道程は。
あとどの程度。
残っているのかと。

道標。
一里塚。
そいつを。
あと幾つ。
通り過ぎるのかと。

そいつを。
確かめて。
掴んで。
そうして。
また一歩前へと。

何処まで。
行っても。
何処まで。
来ても。
果てしが無いような。

いつまで。
転がっても。
いつまで。
転がり続けても。
終わりは無い様な。

それなら。
それで。
何処までも。
いつまでも。
それだけのことではあるけれど。

見失いそうで。
迷いそうで。
ふと。
己の位置を。
確認してみたくもなるもので。

いま。
いったい。
何処まで。
来ているのか。
どのくらいと。

いま。
いったい。
何処まで。
来たのかと。
どのくらいと。

道標。
一里塚。
そいつに。
限りがあるのかも。
計り知れないが。

それでも。
道標。
一里塚。
そんなものを。
知りたくなりもする。



web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/18 Mon *今年もこの日が / The Rolling Stones

20171218onair


どうも、旦那。
なんでぇ、お前か。
ご無沙汰しまして。
一年振りか。てことは、またあの日か。
へい。お誕生日、おめでとうございます。
おう、ありがとうよ。幾つになっても目出てぇわな。

おいくつになれらましたかは?
おう、その七十と四だろう。
おっ、未だ、呆けてはいやせんね。
馬鹿野郎、俺には呆けなんざ無縁なんだよ。
流石は旦那だ。そうこなくちゃね。
おう、その、なんだよ。見くびるんじゃねぇよ。

いやぁ、でも、その、あれですよ。
あれって、なんなんだよ?
いや、ツアーも終わってお疲れかと思ったんですが。
おう、あんなもんよ、てぇしたことでもねぇよ。
そ、そうでやすね。まぁ、何とかの冷や水ってね・・・
ん?なんだ?なんか言ったか?

いやいや。ところで。あれですよ、旦那。
どれだよ?
待望のBBC音源のオフィシャル・リリースでやすよ。
おう、どうでぃ。まぁ、待たせちまったがな。
まったく、待たせすぎですよ。おかげで、どれだけブートとやらに。
馬鹿野郎、あれだよ。俺はな、いつ出しても良かったんだよ。

そうなんでやすか?それにしては随分と・・・
まぁ、あれだよ。例によってミックの野郎がだなぁ。
へ?またミック社長がなにか?。
ものにはタイミングがあるとか、なんとか、細かいことをよぉ。
そうなんでやすか?でも、そこがミック社長のいいところなんじゃ?
そりゃ、そうだけどよ。音質も向上させるんだとか、なんだとか。
でも、どうなんです?旦那もいい音で聴きたかったんじゃねぇですかい?
おっ、ま、まぁな、そりゃ、いいにこしたことはねぇわな・・・

『On Air』'17年リリース。
ザ・ローリング・ストーンズのBBC音源を編集した2枚組アルバム。
アナログ盤2枚、4面に全32曲。待望の公式リリースです。
まぁ、これまで散々、海賊盤、ビートレッグで耳にできた音源ではありますし。
ビートルズの『Live at the BBC』から遅れること約四半世紀でもありますし。
何故、もっと早く世に出せなかったのかとの疑問、不満はあるのですが。
まぁ、こうして公式に決定版がリリースされたことを喜んで受け容れようかなと。
'63年~'65年の間に放送された、あの時代の空気の中に放たれた。
若き日のストーンズの蒼く熱い姿、その雄姿がクッキリと捉えられているのですから。
胸、踊らないわけがないのですよね。海のものとも山のものともわからなかった頃から。
シーンの最前線へと躍り出て、一気にトップへと駆け上っていった。
その時代を、その熱気、その空気を。こうしてオリジナル・アルバムとは異なる音源で。
また追体験できる。その事は、やはり例えようもない幸せなことだと実感できるのです。
ストーンズに限らず。この時代のBBCに多くの独自の録音が遺されているのは。
英国独自の演奏家組合の力が強くて。放送局でレコードを放送する時間に制限があって。
悪法の類だとは思いますが。結果としてそれが多くの貴重な音源を生むことになったと。
当時は誰もその価値にも気づいてもいなかったのでしょうが。結果的に有難かったなと。
ストーンズにしても、公式に録音が遺されていないナンバーが何曲もありますし。
公式に録音されているナンバーでもアレンジが大幅に異なっているものもあったりして。
そこに窺える試行錯誤する様も含めて。ブルース、R&B、そしてロックンロールに。
真摯に向き合うストーンズの生々しい姿。それに何とも痺れてしまうのです。
特に、キースとブライアンの2本のギターの絡みとか、ブライアンのブルース・ハープとか。
スタジオの空気までも共有できそうで。堪らないものがあるのです。

ところで。旦那。
おう、なんでぃ。
どうせなら、ここはひとつ。あれじゃないですかい。
ひとつ。あれって、なんなんだよ?
へい。久し振りに昔のナンバーもツアーでやってみちゃ?
おう、まぁ、それもありなんだろうけどよ、そうなんだけどよ。

なんです?歯切れが悪いですねぇ、らしくもない。
おう、そこはよ。そのなんだよ。わかるだろ?
いや、なんのことやら・・・
馬鹿野郎、お前ねぇ、すっ惚けてんじゃないよ。
流石は旦那だ。お見通しでやすねぇ。
おう、その、あれだよ。ほら、メンバーにも色々とあるだろうが。

そうでやすねぇ。
今更、かび臭いナンバーなんかやれるかって奴もいるからよぉ。
そこは、あれですよ。旦那がガツンと一発かましてやれば・・・
馬鹿野郎、バンドってのはそんな単純なもんじゃないんだよ。
そうでやすね。しかし旦那、配慮はしても・・・
遠慮はするなってんだろ、わかってるんだよ。そんなことは。

しかし。なんですよ、旦那。
なんだよ?
折角、半世紀振りに思い出したナンバーもあるんじゃ。
おう、そりゃぁよ。懐かしくってなぁ。愛情が蘇ったりなぁ。
じゃぁ、それをツアーでやらねぇって手はないでしょうよ。
馬鹿野郎、だから。あれだよ。俺だけだったら。あれなんだよ。

いいんじゃないですか。偶には「街で闘う男」やらなくても。
おう、そうか。いや、俺もそう思わねぇでもねぇんだが。
そうですぜ。旦那。なんなら「春をひさぐ女たち」も外してもらっても。
お前、そいつは流石に大胆過ぎやしねぇかよ・・・
そうでやすかね、でも「ただのロックンロールさ」はもういいでやしょ。
おう、あの曲は妙な賛歌みたいになっちまってるしなぁ。
ここはあれですよ。「お前を失う」とか「安奈?」は本当にスパッと止めましょう。
おう、そうだな。その辺りは俺も飽き飽きしてるんだよ。

おっ、本音が出てきましたね。そう、こなくっちゃ。
あれだな「悪魔への共感」もいらねぇよな。
えっ、そいつもですかい。そいつは流石にまずいんじゃないですかい。
馬鹿野郎、ライヴではミックの見せ場を作る為にやってるんだろうが。
おっと、失礼しやした。しかし、ミックの社長が怒りませんかね?
いいんだよ。大体、ミックばかりが目立ち過ぎなんだよ・・・

じゃぁ、旦那の見せ場を作る為にですよねぇ。
おう、何でも言ってみねぇ、ここまできたら、何でもありだ。
「幸福」も「向こうへ滑る」も外しちゃいましょう。
馬鹿野郎、俺の数少ない持ち歌を削ってどうすんだよ。
代わりに「貝多芬をぶっとばせ」とか「門非斯、典尼西」とかどうですかい?
お、おう、そいつは、いいな。チャックの野郎に聴かせてやりてぇしなぁ。

どうです。旦那?
でもよぉ、ミックがなぁ、五月蝿いしなぁ、チャーリーもよぉ・・・
何を言ってるんですか、旦那、旦那あってこそのストーンズでしょうが。
お、おう、そう、そうだな。まぁ、ロニーは俺の言いなりだしなぁ。
でやしょ。こいつは決まりですな旦那。
おう。ところでお前は今度のアルバム、ちょいとやり過ぎなとこがあると思わねぇかい?
嫌ですねぇ、旦那。わかってやすよ。あれでしょう。ちょいとお耳を・・・
おっ、なんでぇ、そうか、それなら俺と一緒じゃねぇか。よし、飲もう。今夜は飲み明かすぞ。

旦那、お誕生日、おめでとうございます。



web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/09 Sat *やってしまおう / The Rolling Stones

20171209outofourheadsusmono


そうさ。
仕組みなど。
枠組みなど。
そんなに。
大したものじゃない。

やりたいと。
思える。
やりたいと。
感じる。
その気持ち。

そいつさえ。
あるのなら。
やってしまえばいい。
やらない手はない。
やってしまおう。

心から。
体から。
頭から。
湧き出でる。
そのままに。

小さなことは。
細かいことは。
おいておけばいい。
放っておけばいい。
やりたいのなら。

そうさ。
このままじゃ。
いまのままじゃ。
納得できないのだから。
満足などできないのだから。

『Out Of Our Heads』'65年リリース。
ローリング・ストーンズの米国での4枚目となるアルバム。
英国での3枚目のアルバムと同一タイトルですが。
ジャケットだけではなく。内容も大きく異なっていて。
基本的にシングルとしてリリースされたナンバーを収録しない英国での方針と異なって。
「The Last Time」そして「(I Can't Get No) Satisfaction」と。2曲のヒット曲を収録。
ここらは、シングル盤のヒットの勢いを逃さずアルバムのセールスにも繋げようと言う。
米国ならではの方針が貫かれているなと。それはそれで狙いとしては悪くないかなと。
(まぁ、ストーンズの意思が強く反映されているのは英国盤だとは思いますが)
結果として編集、選曲が寄せ集め的になってしまって。統一感に欠けるのは致し方ないかな。
米国ではリリースされなかった英国EP盤『Got Live If You Want It !』からも収録されて。
その「I'm Alright」がA面の最後に唐突に飛びだしてくるのにはかなりの違和感が・・・
当時の米国のファンにとっては嬉しいプレゼント、目玉だったかもではありますが。
そんなこと、大したものじゃない、些細なことだと感じさせてくれるのが。
やはり、「(I Can't Get No) Satisfaction」の抜群の存在感なのですよね。凄いのですよね。
今更ですけど。この初めて全米1位を獲得したナンバーのカッコ良さに痺れます。
その昔。一部でオーティス・レディングが作ったナンバーだとのデマが信じられていた。
そんなR&B、ソウルのビートやリズムを拝借して、換骨奪胎してみせて。
ホーン・セクヨンが担う部分を、あのファズ・ギターに担わせた新鮮で大胆な発想と言い。
師匠である、チャック・ベリーの十八番でもある二重否定を用いて訴えかける歌詞と言い。
これはやっぱり。本当に奇跡的なナンバーだなと。こいつがもたらしたものは大きかったと。
よくぞ、ステイプル・シンガーズのパクリに近い「The Last Time」から短期間で飛躍したなと。
そして。デッカ、ロンドン時代のストーンズならではの。やってしまえ感、破天荒さはやっぱりご機嫌だなとね。

そうさ。
ルールなど。
空気など。
そんなもの。
些細なものなのさ。

やりたいと。
思える。
やりたいと。
感じる。
その思い。

そいつさえ。
あるのなら。
やってしまえばいい。
やるしかない。
やってやるしかない。

心から。
体から。
頭から。
溢れだす。
そのままに。

小さなことなど。
細かいことなど。
忘れてしまっていい。
投げ出してしまっていい。
やりたいんだから。

そうさ。
このままじゃ。
いまのままじゃ。
納得なんかできないのだから。
満足などできるわけもないのだから。

やろう。
やるんだ。
やるしかない。
やってしまえ。
やってしまおう。

慣例など。
前例など。
忘れていい。
無くていい。
捨ててしまえばいい。

小さいと。
思えるのなら。
細かいと。
思えるのなら。
出来るはず。

答えなど。
心が。
体が。
頭が。
その反応が教えてくれる。

納得できないまま。
満足できないまま。
そのままで。
悶々として。
過ごすなんて真平御免。

やりたいと。
思える。感じる。
やりたい。
その気持ち。その思い。
そいつだけを武器に。

やろう。
やるんだ。
やるしかない。
やってしまえ。
やってしまおう。

ほら、開けてきたぜ!



web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/14 Tue *たかが、されど / The Rolling Stones

20171114itsonlyrocknroll


まったく。
いつまで。
どこまで。
懲りもせずと。
思わないでもないが。

他に。
見当たらない。
他に。
思いつかない。
他にない。

それだけのこと。
そうなのだ。
それだけなのだが。
そいつが。
どうにも好きらしい。

選ばれたとは。
思わないが。
捕まって。
搦めとられて。
そのままずぶずぶと。

もう。
今更。
他のものを。
選びなおすつもりもないし。
その気になんかなれやしない。

大したことだとは。
思わないが。
それなりのものだと。
感じはするし。
もう、いけるところまで、いくだけ。それだけ。

『It’s Only Rock’n Roll』'74年リリース。
タイトル・ナンバー、「It's Only Rock'n Roll(But I Like It)」が、そのイメージが。
アティチュードとして独り歩きし過ぎた感もあるローリング・ストーンズのアルバム。
そのナンバー自体が、未だメンバーになる前のロン・ウッドのアルバム・・・
『I've Got My Own Album To Do』の録音時に生まれたものであることからして。
当初は、アルバムのハイライトとも、ましてやタイトルとしても考えていなかったのではと。
それが。アルバムの録音中にミック・テイラーの離脱が決定的になったこともあって。
敢えて。原点回帰、次なる歩みを意識して、象徴的な役割を与えたのかなとも。
インナーにさりげなくロンのインスピレーションを基に作られましたなんて記載する辺り。
ミック・ジャガーの抜け目なさを感じたりもするのですよね。そう、先は見えていたと。
そう考えると。アルバム・タイトル程にはロックンロール色が前面に出ていないのも当然で。
ここでのストーンズは、フィリー・ソウルやファンク、更にはレゲエへの接近が顕著で。
もし、テイラーが脱退しなかったら。特に都会的なソウルを突き詰める様な。
もっと言えば、そいつを換骨奪胎したストーンズならではのソウルが生まれていたかもと。
そいつは『Black And Blue』とはまた異なる魅力的なものになったかなとも思うのですが。
しかし。それにしても。ストーンズの。特にブラック・ミュージックに対する感度の良さ。
その旺盛な食欲と、見事なまでの消化力。そんなストーンズの凄味が実に魅力的で。
「Ain't Too Proud To Beg」「Luxury」「If You Really Want To Be My Friend」ときて。
「Fingerprint File」に至るまで。ここまで、取り込んで己のものにしてしまいますかと。
そう考えると。「Time Waits For No One」でのテイラーのギターはあまりにも美し過ぎて。
テイラーは、ストーンズでい続けるには線が細かったのだろうなと妙に納得したりもして。
ならばと。やっぱり、ソウルもファンクもレゲエも呑み込んで。ロックンロールだぜと。
それがどうした文句があるかと。開き直ってみせたミックのセンスは只者ではなくて。
そのミックの姿勢こそが、ストーンズのアティチュードなのかもと思ったりもするのです。
しかし、この頃キースは・・・本当に半ばあっちの世界にいっていたのだろうなぁ・・・

まったく。
いつまで。
どこまで。
省みもせずと。
思わないでもないが。

他は。
見つからない。
他は。
考えられない。
他にない。

それだけのこと。
それだけ。
本当にそうなのだが。
そいつが。
堪らなく好きらしい。

選ばれしとは。
思わないが。
捉えられて。
引きずり込まれて。
そのまま骨の髄までと。

もう。
今更。
他の道を。
歩きなおすつもりもないし。
その気になんかなれやしない。

大したことだとも。
思わないが。
それなりのものだと。
感じもするし。
もう、いけるところまで、転がるだけ。それだけ。

あの日。
あの時。
出逢ってしまった。
それで。
決まった。

あの日。
あの時。
心奪われてしまった。
それが。
総て。

あの日。
あの時。
電気が走った。
それで。
決まった。

あの日。
あの時。
骨まで食らった。
それが。
総て。

それだけのこと。
そうなのだ。
それだけなのだが。
そいつが。
総てを決めてしまった。

大したことでは。
ないのだろうが。
それなりのものでは。
あるのだろう。
それだけが、どうにも、堪らなく、好きらしい。

たかが。
ロックンロール。
されど。
ロックンロール。
それだけが、どうにも、堪らなく、好きらしい。



web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/20 Fri *もう一度、歩き始めるのだ / The Rolling Stones

20171020somegirlsjporgwposter


誰かに。
奴等に。
走らされる前に。
踊らされる前に。
その前に。

立ち止まって。
自分で。
見て。
聞いて。
総てはそれからだと。

焦らず。
慌てず。
この足で。
自分の足で。
歩いていくのだと。

鞭打たれる前に。
嘘を見抜いて。
ボロボロになる前に。
あの娘たちの中から。
飛び切り輝く瞳を見つけるのだと。

そう。
思って。
夢想して。
ここまで。
やってきたのだが。

余計な荷物を。
背負いこまされたのか。
どうにも。
身体が重たくて。
あの娘のことも見失いそうなのだ。

『Some Girls』'78年リリース。
パンクとディスコの時代に一発回答したローリング・ストーンズのアルバム。
当時、このアルバムから米国を除いた配給元が変更になったとかで。
日本盤は東芝EMIからの発売となって。帯には内田裕也のよるコピーが載っていて。
あぁ、ストーンズ移籍したのか。ジョン・レノンと同じレコード会社じゃないと。
それが、なぜか不思議に思えてならなかったのを今でも覚えていたりします。
移籍第一弾とあって東芝EMIも力が入っていたのか初版はポスターが封入されていて。
更にはレコード屋さんで、もう一種類別のポスターももらえて。今でも実家の壁に・・・
スタジオ・アルバムとしてはこのアルバムが初めてのリアル・タイムのストーンズで。
発売日を指折り数えて待って。発売日に買って。家へ帰ってドキドキしながら針を落として。
「Miss You」には、おいおいストーンズもディスコかよと戸惑ったものの。
「When The Whip Comes Down」「Lies」「Respectable」「Shattered」ときたところで。
なんか今度のストーンズやたら元気じゃないかと。ブッ飛ばされて。
なんだ。結局はパンクもストーンズも。同じカッコいいロックンロールじゃないかと。
ここらのはりきり具合は。ミックなどはかなり意識して、そういう方向にもってきたかなと。
まぁ、キースの旦那は。端からパンクなんて目じゃないぜとか思っていたのでしょうが。
当時は例のトロントでの事件もあって。キース、ストーンズの先行きは不安視されていて。
だからキースの歌う「Before They Make Me Run」がもう、凄く胸に迫ったのですよね。
未だ、ブルースとかソウルとかカントリーとか。知りもしなかった頃だったので。
「Some Girls」とか「Just My Imagination (Running Away With Me)」とか。
そして「Far Away Eyes」とか。正直わからなかったと言うか、かったるいなとか。
それが徐々に効いてきて。この3曲がこのアルバムに絶妙なアクセントを与えていると。
そんなことを感じらえる様になったのはそんなに昔の話ではなかったりもしますが。
ロニー加入後のストーンズのスタジオ・アルバムとしては、実は一番針を落とす機会は多く。
なんだろう。今のストーンズの立ち位置を再確認したい時には必ず聴いているかもしれません。

誰かに。
奴等に。
走らされる前に。
唆される前に。
その前に。

立ち止まって。
自分で。
感じて。
考えて。
総てはそれからだと。

急かず。
騒がず。
この足で。
自分の足で。
歩いていくのだと。

鞭打たれても。
嘘に騙されても。
ボロボロになりながらでも。
あの娘たちの中から。
敬える様な娘を見つけるのだと。

そう。
思って。
夢想を。
現実にと。
やってきたのだが。

誰かの重荷まで。
背負いこまされたのか。
どうにも。
精神も重たくて。
あの娘のことも見失いそうなのだ。

誰かが。
奴等が。
走らせようとするから。
躍らせようとするから。
その前にと。

誰かが。
奴等が。
走らせようとするから。
唆そうとするから。
その前にと。

知らず知らずのうちに。
焦って。
慌てて。
急いて。
騒いで。

いつの間にか。
足どりが。
歩調が。
早くなって。
走りだしていて。

どうやら。
そのまま。
走り続けてしまって。
そのつけが。
溜まってきているらしい。

立ち止まって。
自分で。
見て。聞いて。
感じて。考えて。
もう一度そこからだと。

そう。
深呼吸して。
もう一度。
自分の足で。
歩き始めるのだ。

だって。
やっと。
そうさ。
飛び切り輝く瞳の娘を。
見つけたのだから。

俺の勝手な夢想だとしてもね・・・



web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/09 Sat *この道を / The Rolling Stones

20170909rockinrollingstonesukorg


この道を。
行けば。
どうなるか。
そんなことは。
わからない。

この道を。
行った先が。
どこかなんて。
そんなことも。
わからない。

ただ。
わからないことを。
そのことを。
恐れて。
踏み出さずにいても。

何も。
始まらない。
転がらない。
それだけは。
わかるのだ。

ならば。
迷わずに。
路面を蹴って。
路上へと。
この道へと。

この道を。
行くこと。
そいつは。
たぶん。
楽しめる気がするのだな。

『Rock 'N' Rolling Stones』'72年リリース。
B級なジャケットが妙にカッコいいローリング・ストーンズの編集アルバム。
ストーンズに去られたデッカは意趣返しとばかりに編集アルバムを乱発しましたが。
このアルバムもその一枚で。何枚目にあたるのだったか。商魂逞しいなと。
アルバム・タイトルと選曲から推測するに。ロックンロールなストーンズの。
その名演に焦点をあてて編集してみました。そんなところなのかな。
特に珍しいナンバーやテイクがあるわけではなく。それほど価値があるとは思えませんが。
この手の、狙いが当たっているのか、外れているのか。わからない選曲と曲順。
それで聴くストーンズと言うのも、意外と悪くないと言うか、実は好きだったりするのです。
このアルバムだと全12曲。「Route 66」から始まって「Carol」で終わると。
その総てがアップ・テンポなナンバーで、確かにロックンロールなストーンズだよなと。
しかもカヴァーが10曲で、チャック・ベリーの直接的なカヴァーが5曲。
チャックのヴァージョンを元にしたと思しき間接的なカヴァーが2曲。合計すると7曲。
殆ど、ストーンズによるチャック・ナンバーの名演集って趣に仕上がっていたりして。
(後に、日本のロンドン・レコードがそのままの企画の編集アルバムをリリースしましたが)
ストーンズで、チャックで、ロックンロールですから。悪いわけがないのですよね。
「Little Queenie」と「Carol」が『Get Yer Ya-Ya's Out !』からなのは姑息な感じですが。
「Route 66」と「Down The Road Apiece」を前述の関節的カヴァーの意図で選んだのなら。
このアルバムの選曲担当者はなかなかやるなと言うか、なかなかの曲者と言うか。
わかっているじゃないのと。肩の一つでも叩いてあげたくはなるかも知れないのですよね。
「19th Nervous Breakdown」なんてヒット曲をこっそりと入れていなければ。
尚のこと良かったのですけどね。売上を考えたのか。でも、あまり効果は無いような気も。
それにしても。英国での1stアルバムと同じで「Route 66」はA面一曲目が似合うな。
ストーンズの迷いなきロックンロール街道、その道行きの始まりにこれほど相応しいナンバーもないかな。

この道を。
行けば。
どうなるか。
考えたところで。
わからない。

この道を。
行った先が。
どこかなんて。
悩んだところで。
わからない。

ただ。
わからないことで。
そのことで。
躊躇って。
踏み出さずに終わったら。

何も。
始められなかったと。
変えられなかったと。
後悔することだけは。
わかるのだ。

ならば。
迷わずに。
路面を蹴って。
路上を駆けだして。
この道へと。

この道を。
行けば。
きっと。
何か。
面白くなる気がするのだな。

馬鹿な頭で。
考えたところで。
悩んだところで。
何かが。
わかるわけもない。

馬鹿な考え。
休みに何とかで。
いつまで経っても。
何かが。
わかるわけもない。

だから。
始めてしまおう。
転がってしまおう。
そうすれば。
なるようになる。

恐れも。
躊躇いも。
後悔よりは。
怖くもない。
重くもない。

始めれば。
転がれば。
そこに道ができる。
それが道となる。
なるようになる。

楽しめそう。
面白そう。
路面を蹴るには。
路上を駆けだすには。
それで十分だ。

必要以上に。
危ぶむなかれ。
この道を。
いけば。
わかるさ。馬鹿野郎ってな(笑)。



web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/21 Mon *街の灯りの下で / The Rolling Stones

20170821brightlightbigcity


どこで。
生きるか。
どう。
生きるか。
何の下で生きるか。

そいつが。
異なると。
合わないと。
そうなると。
どうにも難しい。

頭から。
否定するつもりも。
排除するつもりも。
さらさら無いが。
さりとても。

どこで。
どう。
そいつは。
そう易くはない。
何の下で生きるか。

例えば。
街の灯り。
その煌めきと。
その影と。
そんなものを愛せるか。

猥雑で。
妖しく。
切なく。
逞しい。
そんな灯りの下で生きていけるのか。

『Bright Lights Big City』'89年リリース。
ローリング・ストーンズのブートレッグ・アルバム。
古くは'70年代半ばから出回っていた音源で。
今でも手を変え、品を変えて。繰り返しリリースされていると思われます。
A面が'63年のIBCスタジオでのデモが、B面が'65年の英国ツアーでのライヴで。
今となっては音源的な価値は殆ど無いと言っても過言では無いかな。
B面に至ってはリリース時でも価値があったかどうか怪しいものですが(苦笑)。
この如何にも初々しいジャケットだけで許せてしまうのは悲しい性質ですかね。
IBCでのデモは総てブルース、R&Bのカヴァーで。
その完コピながらも勢いで突っ走ってしまう様、そこにストーンズの原点を感じます。
「Roadrunner」とか「Bright Lights, Big City」とか。好きだったのだろうなぁと。
好きすぎて意気込みが空回りしている感もあり、拙さが顕わな個所も随所にありと。
でも。その未完成で荒々しい、真摯な情熱が今に繋がるストーンズの原点なのですよね。
ライヴも。若さに溢れるラフで、タフで。パンクなストーンズの魅力が炸裂・・・
実はこれ英国盤EP『Got Live If You Want It !』と同一のテイクなのですよね。
一応、曲順とかは変えていますし。「I’m Alright」のフェード・アウトが遅い気もしますが。
まぁ、かのEPは英国以外では入手困難でしたので・・・流石は無法の世界です。
(日本では悪名高きロンドン・レコードが避妊具?付の12インチ盤で再発していました)
内容は今更語るまでも無いですが。当時のストーンズの熱さ命のライヴが堪りません。
特に「I’m Moving On」「I’m Alright」の生々しい様は特筆されるかな。
そして。デモにもライヴにも。未熟ながらも、蒼いながらも。都会の匂いがあると。
そう、実のところ。その作られたパブリック・イメージでは覆い隠せない。
煌めく街の灯りの下で生きる者だけが発する、洒落た匂い、雰囲気がある。
それもストーンズの原点であり。ストーンズの何たるかを表しているのですよね。

どこで。
生きていくのか。
どう。
生きていくのか。
何の下で生きていくのか。

そいつが。
違うと。
わからないと。
そうなると。
どうにも戸惑ってしまう。

総てを。
拒否するつもりも。
拒絶するつもりも。
毛頭無いが。
さりとても。

どこで。
どう。
そいつは。
そう軽くもない。
何の下で生きていくのか。

例えば。
街の灯り。
その華やかさと。
その闇と。
そんなものを愛せるか。

猥雑で。
怪しくて
危うくて。
優しい。
そんな灯りの下で生き続けていけるのか。

どこで。
生きるか。
どう。
生きるか。
何の下で生きるか。

それを。
美しいと。
誇らしいと。
愛しいと。
感じられるか。
そこが。
それが。
異なると。
違うと。
そいつは難しい。

何の下で。
生きるか。
生きていくのか。
何を見て。
何を信じるのか。

信じるもの。
見えるもの。
それが。
あるから。
その下で生きている。

信じるもの。
見えるもの。
それが。
信じられない、見えない。
そんな世界もあるのだろう。

誰にも信じられなくても。
誰かには見えなくても。
そんな世界があったとしても。
それでも。
その下で生きている。

輝く。
街の灯り。
どうにも愛しい。
その煌めきと影。
その華やかさと闇。

そこで。
生きていく。
そう。
生きていく。
街の灯り。その下で生きていく。



web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11 Tue *引っ掻き傷の・・・ / The Rolling Stones

20170711crackinup


めちゃめちゃだ。
壊れそうだ。
でも。
泣くだけ泣いたら。
笑い飛ばしてやろう。

また。
はみ出して。
また。
叩かれて。
はじき出されて。

もう。
何度目かは。
わからないけど。
今度は。
かなりのものだぜと。

この。
社会を。
世界を。
崩そうとしやがる。
壊そうとしやがる。

その。
強烈で。
理不尽な。
悪意には。
唖然とするけれど。

まったく。
参りそうになるけれど。
諦める前に。
黙り込む前に。
引っ掻き傷の一つや二つ。

『Crackin’ Up』'86年リリース。
BBC音源から編集されたローリング・ストーンズの海賊盤。
手を変え、品を変えリリースされているストーンズのBBC音源なので。
殊更にこのアルバムならではなんて音源、目玉はないと思われますが。
このジャケット。英国以外の。例えばオランダとか当時の西ドイツとか。
その辺りで独自にリリースされた編集盤だと言われれば信じてしまいそうな。
そんなセンス、遊び心がいいかなと。裏ジャケも如何にもで。いいのですよね。
音質や音量にばらつきがあるのは。まぁ、それも海賊盤の醍醐味と言うことで。
全部で19曲が収録されていて。総てがラジオやテレビに出演時の音源ですが。
何でも。当時の英国では出演時に所謂口パクが許されてなかったらしく。
その為に、出演の為に演奏し録音されていたのですよね。故に貴重な音源が残っていて。
オフィシャルでリリースされているナンバーも。異なるフレーズとかの発見があるし。
何と言っても「Crackin' Up」「Hi-Heel Sneakers」「Don't Lie To Me」とか。
オフィシャルではリリースされていないナンバーが聴けるのが楽しみなのですよね。
このアルバムに収められているのは'63年~'65年頃の音源になるのかな。
初期の勢いのある、勢いに任せたストーンズの生々しい様が堪りません。
ビートルズのBBC音源がオフィシャルでリリースされて。以来ブームもあったりして。
数多のBBC音源がオフィシャルになっているのに。ストーンズにはその兆しも無くて。
ここ数年。ライヴ音源のアーカイブ化には熱心なミック社長も触手が動かないのかなと。
不思議なのですけどね。商売になるのは火を見るより明らかなのですけどね。
アレン・クラインとの権利関係はクリアになったと思うのですが。他に障害があるのかな。
何にしろ。それまでのシーンに一石を投じた、傷をつけて、ひび割れを生じさせた。
そんな生々しく、猛々しいストーンズに。アルバムタイトル通りに参らされて、そして奮い立たせられるのです。

むちゃくちゃだ。
崩壊寸前だ。
でも。
溢れる涙は。
笑いに変えてやろう。

また。
出すぎて。
また。
潰されて。
引き摺り下ろされて。

もう。
何度目かも。
覚えてもいないけど。
今度は。
それなりのものだぜと。

この。
社会が。
世界が。
崩れようとしている。
壊れようとしている。

その。
愚鈍で。
無自覚な。
従順さには。
辟易とするけれど。

まったく。
参ったほうが楽なのかと。
投げ出す前に。
座り込む前に。
引っ掻き傷の一つや二つ。

あぁ。
もう。
敵わないよと。
諦めて。
投げ出して。

あぁ。
もう。
勝手にしろよと。
黙り込む。
座り込む。

唖然とする。
強烈で。
理不尽な。
悪意が支配する。
そんなもの。

辟易とする。
愚鈍で。
無自覚な。
従順さが蔓延する。
そんなところ。

ひっくり返って。
壊れるにまかせて。
涙を流して。
笑うしか無くて。
ここまでかと。

そうして。
参ってしまえば。
思う壺。
参らされてしまえば。
楽なのだろう。

そいつは。
どうにも。
こうにも。
面白くない。
腹に落ちない。

だから。
どこまでも。
一石投げて。
ひびが入るまで。
引っ掻き傷の一つや二つ、三つや四つ・・・

参ったしたら、そこで終わりだからな。



web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/03 Sat *そこにライヴが / The Rolling Stones

20170603livetherollingstonesdeluxe


何故、山に登るのか。
そこに、山があるから。
何故、ライヴに行くのか。
そこに、ライヴがあるから。
それだけさ。

ご機嫌な。
空気が。
匂いが。
仲間たちが。
ロックンロールが。

そこに。
あるのさ。
そこで。
呼んでいるのさ。
それだけで十分なのさ。

あの。
メロディ。
あの。
ビート。
そいつを思うだけで堪らない。

そいつに。
痺れたい。
そいつに。
殺られたい。
だから駆けつけるのさ。

何故、山に登るのか。
そこに、山があるから。
何故、ライヴに行くのか。
そこに、ライヴがあるから。
それだけさ。それ以外に何がある。

『Live! The Rolling Stones Deluxe』'73年リリース。
キング・レコードお得意の日本独自のローリング・ストーンズの2枚組編集アルバム。
アルバム・タイトル、ジャケット、そしてリリースされた年から安易に推測できますが。
そうです。あの、幻となった初来日公演の来日記念盤として企画されたもので。
なんと大胆にも『Got Live If You Want It !』と『Get Yer Ya-Ya's Out !』をカップリング。
1枚目が『Got Live If You Want It !』で、2枚目が『Get Yer Ya-Ya's Out !』そのままで。
ジャケットは『Get Yer Ya-Ya's Out !』の裏ジャケの流用となっていて。
裏ジャケが『Got Live If You Want It !』のジャケットの流用となっていると言う。
あの時代、大らかで、何でも許された時代ならではの産物と言えるアルバムなのです。
姑息なのは。ライナーではその2枚のアルバムには一切触れていなくて。
更にはライナーに載っているカタログからも、その2枚のアルバムを除外しているところ。
ストーンズの初来日、そいつに思い切り便乗しようと言う・・・流石はキング・レコード。
今となっては、意味のない。当時ですら意味があったのか疑わしい代物ではあるのですが。
このジャケットが結構好きで。ストーンズのライヴの雰囲気を上手く捉えていると言うか。
ストーンズのライヴを生で観るなんてことが。夢のまた夢だった時代には。
『Get Yer Ya-Ya's Out !』に針を落として、その裏ジャケを見つめて想像を逞しくしていて。
ストーンズは圧倒的にライヴが素晴らしいのだとの評価は既に定着もしていたので。
確かに『Got Live If You Want It !』と『Get Yer Ya-Ya's Out !』は相当に聴いていたので。
ストーンズのライヴを、まとめて疑似体験したい、予習したいって人には便利だったのかも。
その昔、部屋に転がり込んでいたストーンズ・ファンのお姉さんも持っていたしなぁ。
音質とか考えると。好んで針を落とそうとも思わないし。実際、殆ど落とさないのですけど。
一度針を落としてしまうと。なんだかんだで。結局は繰り返し聴いていたりもして。
そこにストーンズのライヴが、ライヴ・アルバムがある。それが如何に魅力的なのかを物語ってはくれるかな。

何故、人を愛するのか。
そこに、人がいるから。
何故、ライヴを愛するのか。
そこに、ライヴがあるから。
それだけさ。

何とも言えない。
空気が。
匂いが。
仲間たちが。
ロックンロールが。

そこに。
あるのさ。
そこで。
手招きしているのさ。
それだけで十分なのさ。

あの。
ギター。
あの。
リズム。
そいつを思うだけで堪らない。

そいつに。
震えたい。
そいつと。
響き合いたい。
だから駆けつけるのさ。

何故、人を愛するのか。
そこに、人がいるから。
何故、ライヴを愛するのか。
そこに、ライヴがあるから。
それだけさ。それ以外に何がある。

あの。
メロディ。
あの。
ビート。
そいつが聴こえてきたなら。

あの。
ギター。
あの。
リズム。
そいつが伝わってきたなら。

大人しくなんか。
じっとしてなんか。
いられない。
駆けつけるだけ。
飛んでいくだけ。

痺れたいのさ。
殺られたいのさ。
震えたいのさ。
響き合いたいのさ。
それだけなのさ。

あの。
空気。
匂い。
仲間たち。
ロックンロール。

呼んでいる。
手招きしている。
そいつを思うだけで堪らない。
それだけで十分なのさ。
それ以外に何がいる。

何故、山に登るのか。
そこに、山があるから。
何故、ライヴに行くのか。
そこに、ライヴがあるから。
それだけさ。それだけでいいのさ。



web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15 Mon *実感を / Ron wood

20170515gimmesomeneckukorg


なんでもいい。
否。
なんでもよくはないが。
少しばかりの。
幾つかの。

何かが。
そう。
きっかけになる様な。
何かが。
手に入れられれば。

この。
どうにも。
漠然とした。
浮遊している様な。
現実感を喪失した様な。

そんな。
状態から。
逃れられて。
生々しい。
臨場感が得られて。

生き生きと。
嬉々として。
地面を踏みしめて。
地面を蹴って。
毎日を過ごせるのにと。

今日を。
明日を。
一週間を。
生の実感と共に。
駆け抜けていたいのだ。

『Gimme Some Neck』'79年リリース。
ロン・ウッドの3枚目となるソロ・アルバム。
『Some Girls』とほぼ同時進行で録音されていたとの話もあって。
チャーリー・ワッツはほぼ全曲でドラムスを叩いていたりもします。
キース・リチャーズやミック・ジャガーも参加しているのですが。
この時期のロンはストーンズとは言わばアルバイト契約だったと思われるのですが。
それにしては随分と待遇が良かったのだなと。そう感じたりもするのですよね。
何せ、このアルバムと共にニュー・バーバリアンズとしてツアーにまで出ていますからね。
キースもニュー・バーバリアンズの一員として嬉々としてプレイしていたし。
ミックの時とはえらいちがいだなぁと。まぁ、そこがロンの人柄の成せる業なのかな。
イアン・マクレガン、ボビー・キーズにデイヴ・メイソンなど豪華なゲストを迎えて。
ラフで、タフで、ファンキーな。ロンならではのロックンロールをブチかましていて。
「Come To Realise」なんて何とも生き生きとしていて痛快だったりします。
ボブ・ディランがエリック・クラプトンに贈って断られた「Seven Days」を頂いて。
ものの見事に自らのものとして聴かせている、その味わいのある風情もロンならではで。
後にボブがライヴでセルフ・カヴァーする際にはロンのヴァージョンを手本にしたとか。
昔ロッド・スチュワートのアルバムでよく聴かせていたインストの小品もあって。
その「Delia」におけるロンのドブロが絶品で。それがまた堪らなくもあるのです。
ギターもヴォーカルも。技巧派ではないロン。しかしその味わいは格別なものがあって。
それは、その陽性な生命力。生き生きと、嬉々として、クッキリと足跡を残す歩みなのです。
その歩みが。近頃のストーンズの中では今一つ元気がないかなとも思われて。
このアルバムの様な、臨場感に溢れた、生き生きとしたロンの姿をまた聴きたいなとも思うのです。

なんでもいい。
否。
そうともいかないが。
いくばかりかの。
様々な。

何かが。
そう。
火種になる様な。
何かが。
手に入れられれば。

この。
どうにも。
曖昧とした。
離脱している様な。
現実感が消失した様な。

そんな。
状態から。
脱して。
息苦しいまでの。
臨場感に包まれて。

生き生きと。
嬉々として。
路上を踏みしめて。
路上を蹴って。
毎日を過ごせるのにと。

今日を。
明日を。
一週間を。
生を痛感しながら。
駆け抜けていきたいのだ。

この。
地面の上で。
路上の上で。
息をしている。
生きている。

この。
地面から。
路上から。
離れるのではなく。
浮くのではなく。

漠然と。
曖昧に。
現実感を。
喪失した様な。
焼失した様な。

そんな。
影の薄い。
影も残せない。
死んだ様な。
時間は過ごしたくない。

息苦しいまでに。
生々しい。
そんな。
臨場感の中で。
時を刻んでいたいのだ。

だから。
きっかけになる様な。
導火線に火を付ける様な。
何かを。
手に入れるのだ。

今日を。
明日を。
一週間を。
生の実感と共に。
駆け抜けていたいのだ。

今日を。
明日を。
一週間を。
生を痛感しながら。
駆け抜けていきたいのだ。

実感を、感じていたいのだ。



web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧